ハム活動記

MDRFアンテナのテスト1

11日の震災以来、アマチュア無線の通信を再認識している、 当局のホームは盆地の真ん中で津波や山崩れの心配がない、また、孤立化などは心配ないと思うが、 計画停電など、危機感だけが先走っている、

もし、孤立してしまって外との連絡が取れなくなったときには、やっぱり短波帯での通信が必要不可欠 である、
このMRDFアンテナとオールバンドのトランシーバー+電源があれば一応は事が足りそう。
そんな訳で、以前から作っていたアンテナの実証実験を行うことにした

エレメント全長4.5m+4.5m、V型のMDRFのテスト

  • 実際にグランドに簡易ポールを建てての実証、ふみたて君が上手く機能するか?
  • フィーダー線はどのような位置が良いか?
  • 給電部の高さは適当か?

3.5MH〜29MHzまで、ほぼSWR1.2以下で使用可能な数値が出た、

R0012502.jpg
まぁ、少しだけカッコいい・・・かな

R0012500.jpg
車の荷台で測定、アンテナチューナが古いのでマッチングが心配だったが、それなりに整合が取れた
1.9MHz、50MHzも整合の取れるアンテナチューナなら、1.9MHzもマッチングが取れそうだ。

最初、ポールの高さが足りず、物干し竿を付け足した、地上高は約6m位、 ふみたて君はしっかりと保持してくれた。

また、給電部はバナナチップであるが、強度不足で、外れてしまうので何か方策を考える、Y字端子でネジ止めが良い。

明日、天気が良ければ試験運用をしたい。


添付ファイル: fileR0012502.jpg 685件 [詳細] fileR0012500.jpg 703件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-20 (日) 15:39:11 (3102d)