ハム活動記

空芯コイル

手頃な紙管が手元にあったので、空芯コイルを作ってみる事にした。

  • 1.6mmΦのスズメッキ線10mを紙管にキツク巻いて、癖を付けておく
  • そのまま一晩放置
  • クセがついたスズメッキ線を紙管からそっと引き抜いておく
  • 紙管には自在ブッシュ4ケを接着剤で接着する。
  • 接着したら、癖のついたスズメッキ線を、自在ブッシュにはめ込んでいく
  • 4〜5ターンはめ込んだら、グルガンで止めながら更に巻く、繰り返す
  • しっかりグルカンで固定する。
  • 紙管を抜き取るには、水の中に2〜3時間突っ込んでおけば、簡単に取れる
    簡単に取れるように自在ブッシュの接着はほどほどに

R0013423.JPG

線がヨレヨレなのは、一度使ったスズメッキ線だから、細かいクセは直しきれなかった・・・
また、自在ブッシュ溝は一つおきにして、粗巻にしてある。クリップなどでショートさせインダクタンスの調整を楽にさせるためのものだ。

しかし、まぁ、それなりに空芯コイルが出来上がった

小型の車載ホイップ

空芯コイルを使った車載ホイップ、一応7メガを目標にした。コイルで調整のつもり。

ant.jpg
写真はハンダ付け前のホイップ部と空芯コイル部

直径80mmΦ、24ターン、長さ13.8mm インダクタンスは4280μH Qは滅法高い→帯域幅は狭い

参考サイト

CWおぼえ隊

今月7日からCW初心者と一緒に、CW勉強会をしている。
ほぼ2週間を目安として計画を組んだ。

一週間で欧文CWを覚え、更に一週間でラバースタンプでの交信を目標にしていた。
CW符号一つ知らない、本当の初心者の彼は、私の誘いで入隊してくれた。

毎夜、欠かさずオンエアしてきて、私と一緒に符号の記憶から勉強を始めた。
そしてほぼ二週間後の昨夜CWロールコールを聞いていたら、なんと、ロールコールに参加してくるではないか?
私は本人以上に緊張しながらそれを聞いていた。そして、最後の TU e eを聞いた時、胸が熱くなってしまった。

はじめ彼は漠然とCWをやりたいと思っていたらしく、最近はアマチュア無線もマンネリ化し、無線機に電源を入れない日もあったそうだ、なんとかもっと楽しくアマチュア無線をやろうと・・・
そんな時、CWを覚え、そしてオンエア出来る喜びを手に入れた。

CW練習は毎日夢中になってやっている、まだまだ勉強中だが、もうすぐ彼のCWが7メガでアクティブに聞こえる日が近い


添付ファイル: fileant.jpg 983件 [詳細] fileR0013423.JPG 1161件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-22 (月) 17:43:22 (2339d)