ハム活動記

戻ってきたIC911D

R0014522.jpg

アイコムに修理依頼したIC911が戻ってきました。
別に異常なし、との所見

修理依頼中はIC7000を使っていたので、IC911との比較が体感的にすごくわかる。

IC7000

  • 受信中に僅かに周波数がふらつく(144MHz)
    受信トーンが変化するのでわかる50Hzくらいか?
  • 受信音量が小さくてボリュームを上げるとひずむ
  • RITの調整が難しい
  • SWオンから直ぐにQSOできる 周波数が決まる
  • パワー切換がファンクション
  • TSボタンの位置が良い
  • カラー液晶でキレイ
  • IFDSPなので帯域を3段階に変えられる
  • マイク端子はモジュラーだから抜き差しに便利(F2キーヤ接続に便利)
  • オールバンド
  • 熱対策が必要

IC911

  • 感度が良い 弱い信号もハッキリ聞こえる
    最近メーカーではV/U専用機がなく、HF〜50MHz〜433MHzといったオールバンド機が全盛。
    当局のようにCW中心で相手がGP+QRP、弱い信号の中での交信ではS/N比が高く感度の良いリグがベスト
  • プリアンプはアンテナ直下だからノイズが少ない
  • SWオンから1〜2分で周波数が決まる(周波数が決まるまで待たされる)
    一度決まったら安定度はすこぶる良好
  • 外付けSPを鳴らすには充分な音量->外付けAPFのドライブにFB
  • RITはスムーズ
  • 送信中パワーの調整ができる
  • TSボタンの位置がメインダイヤル左にあり、メインダイヤルに触れてしまう
  • CW-N 帯域を狭くするにはCWフィルターを入れる必要がある
  • CW-rがない
  • マイク端子はコネクタ式だからしっかりと固定されているがF2キーヤ接続には面倒
  • 144MHzと430MHz、1200MHz(オプション)

まぁ、そんな訳でIC7000は移動用に使おうと思う、2mバンドのワッチ専用とF2交信にはTR751(ソーラー電源)でやります。

更にFT991が25日頃発売のようで、入手したらIC7000とバッティングしてしまう。そんなに無線機いらないし・・・物欲には勝てそうもないし・・・


添付ファイル: fileR0014522.jpg 486件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-19 (金) 17:25:37 (1733d)