ハム活動記

工作

電子工作をするときには、回路図をプリント基板配線図にして、エッチングしていたので多少時間がかかりました。

また抵抗やコンデンサーの時定数を変えたりと試験する場合もやっかいでした

そこで、ランド法を試してみることにしました

回路図から配線図に、ハンダ付け部分をランドに、グランドは基板にすれば、抵抗やコンデンサーなど、交換が簡単になります

LAND.png
ゼロインの回路

黒い■がランド、黄色はGNDで基板、茶色は基板に直接ハンダ付け

C1とR1+VR10Kの値でトーン周波数が決まります。
これは約500ヘルツから1000ヘルツ VR10Kの値で決まります。
150KΩのVRは入力調整用で、過大入力ですと帯域幅が広くなってしまうので、
極力絞って最適な入力で使います

5mmのランド

5mm角のランドを沢山作るには手間がかかります
幸にも断裁機があるので5mmずつ断裁し、更に細かくするのは活版印刷用の罫切を使いました

IMG_2477.jpeg

写真で長細いものは長いランド それを切って角ランドにします


添付ファイル: fileIMG_2477.jpeg 31件 [詳細] fileLAND.png 36件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-17 (木) 17:46:47 (153d)