もっとCW

一年を経過して思うこと

良き仲間に感謝、家族に感謝、そして自分に感謝

和文を始めてから、一年が過ぎ、2年目に入った。一年間で和文交信をした回数は約100回位だろう

  • JR2CKQ局とは、ほぼ毎日、50回位
  • JI1MEQ局とは、20回位
  • その他 CQや呼び出しで20局
  • 7メガでの交信 20局

交信する回数に比例して、上手くなっていく気がする。実践が身につく

汚い符号に、根気よく付き合って頂いたHAM仲間には本当に感謝している。
いま、こうして和文交信が出来るのも、仲間のお陰だ。

そして、毎日毎夜、シャックに閉じこもり電鍵を叩いている私に、文句を言わず、お茶を運んだりと、支えてくれた家族にも感謝。


2年目を迎える私の実力

まだまだ、聞き漏らす符号がある。

半濁点や長音だ。それが一緒に来るとお手上げ状態、パーマとかピーチ、プールなどは未だ良いが、パープリンなど長い単語になると????となってしまう。

何が面白いのか?

何が面白くて続けられるのか?それは秘密

ではありません、

実際に交信してみると、フォーンでは味わえない満足感、充実感が味わえる、自分の符号が相手に伝わるうれしさ、相手の符号が聞き取れる満足感、符号と一緒に送られてくる感情を推測、次に送ろうとする文章の組み立て・・・それが全て1フレーズの中に凝縮されて、一気にあふれ出すような、そんな快感になります

交信が終了した時には、本当に充実感が味わえます。これはフォーンで初めて交信した以上の満足感です。

ですから、CW愛好者が沢山いる訳ですね

和文族の話し

和文の楽しさ、面白さを味わうと、次第にフォーンから遠ざかっていきます、そのうちに気がつくと、リグにはマイクが取り外され、電鍵やパドルが机上の中央に置かれるようになると、もう既にどっぷりと「和文族」の仲間入り

そうなると、同じ和文族を捜して7メガなどで毎日ラグチュに出没するようになります。巷では「和文オヤジ」などとも言われていますが・・・

そろそろ、和文オヤジの仲間入りか?しかし、決して和文蛸壺オヤジにはなりません。

和文蛸壺オヤジ・・・それは、あの、独特の符号で、自分では素晴らしい符号と勘違いしているタコです。


音楽の旋律のような綺麗な符号

誤打ミスのない、綺麗に1:3の符号ですね、それに加えて軽快なリズム コレが一緒に奏でる音楽が 聞いていて心地良い符号になるのです。

早くもなく、遅くもなく、ミスもなく、音楽を奏でるリズムで綺麗な符号ですね。

今の私は、リズムが出だすとラタ・・・で途端にリズムが壊れる。

意識して打つようにしたいと思う。

毎日続ける難しさ

毎日一局とホレで交信する・・・簡単なようだが結構難しい。

丁度良いレベルの仲間が見つからないのだ、 「同等のレベルを捜すから難しいなら、行き当たりバッタリでは」またまた恥かきをスタート

恥かき

ここで、忘れないうちに、描いた恥を思い出しながら描いておこう

  • 近くのOM氏と初めての交信で
    まだ最初の頃、シンゴウ → シゴト に聞き取って、その後の内容がメチャメチャに、
  • 長野の局と交信中
    イヌ小屋をイネに間違えて、どんな小屋なのか? 寒そう・・・
  • あるYLとの交信で
    サオリをサオフと取り間違えた。
    通常の名前を予想していたが、途中でパニックに、しかし聞き直してOK,それから話が弾む\(^_^)/

続く→点と線をつないで2


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-01 (金) 08:10:06 (2390d)