FrontPage

Counter: 2775, today: 1, yesterday: 0

2010/12/9 (木)

ハム活動記

ロングワイヤ—アンテナ

HF帯3.5MHzみオンエア出来るロングワイヤーを上げたが、どうも飛びが悪い、入感感度が悪い(ローカルと聞き比べ)

そこで、アース(カウンターポイズ)の数を増やすことにした。
1.25のIV線を300mほど購入し、80mほどぐるぐる巻きで駐車場の屋根に放り投げる、これで、ロングワイヤーと同じくらいの長さのラジアルと80mのラジアルで2本、ラジアルは沢山あればあるほど効率が良いと聞いているが・・・

ロングワイヤーアンテナの飛びについては、打ち上げ角が高いのでもっぱら国内QSO用で、DXには向いていないようだ、

ハシゴフィーダー

ロングワイヤーの給電にはアンテナチューナーを介して行う、この場合、ロングワイヤーとアース線をシャック内のチューナーに接続する必要があるが、どのままダラダラと線を引っ張り回すのもインターフェアーが心配、そこで、ハシゴフィーダーを作製することにした。
ハイインピーダンスのものが良いだろうと考え、50mmの養生テープに2本の線をなるべく間隔を開け、均一に貼る、仕上がったテープの上にさらに養生テープを重ね、線をサンドイッチするようにした、約4m位、これをアンテナチューナーに接続する、

さあ、果たしてマッチングが取れるか?アナライザーでチェックしてみると、3.5MHzでSWR1.1まで落ちる、成功だ。
18MHzでは、24MHzでは、それぞれチェックするが同じくしっかりとSWRが落ちてくれた。

まぁ、一応これでOKということで、後は運用してから

2010/12/3 (金)

ハム活動記

オークション

愛用のIC775DXIIを出品した、最初の出品では落札者との連絡が取れなくなり、 せっかく、修理調整したリグだから、手元に置いておこうと決めた。

しかし、手狭のシャックでは、箱の中に入れっぱなしとりそうで、大切に使ってもらえる方に 譲った方が気持ちがいい・・・

そこで、再度ネットオークションに出品した。

このリグは、メインとサブのデュアル受信ができ、現用のIC7700にも無い機能で、特にパイルが予想されるDX局は送信と受信を5KHzほどずらして交信サービスする、この場合は超便利の機能で大変気に入っていた。
また、フィルターが2ケ装備されており、混信選択度はIC7700と変わらない。

こんなリグで、落札者がいなかったら、再度使ってみようかとも考えていた(贅沢なサブマシン)になるなぁ

しかし、即決で落札されてしまった、喜んでいいのか?少し残念な気持ちある、

落札者は青森の方で、誠実そうな方だったので、その辺は心配ない。

大切に使って欲しい

2010/12/2 (木)

ハム活動記

ロングワイヤ—

longwire.jpg

ロングワイヤ—で3.5〜28MHzまでQRV可能となったが、やっぱり電波の飛び具合はイマイチ

JR6との交信では相手599だが、当局の信号は579との事

200w出力だが・・・(-.-)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-08 (木) 18:26:08 (3422d)