Counter: 46, today: 1, yesterday: 1

私の電鍵とパドル

知らず知らずのうちに20台以上集まってしまいました。

整理整頓しながら、まとめました。

縦キー電鍵

メーカー型   番感        想
ハイモンドHK808
HK808.jpg
私が高校生(16才)の頃、購入した宝物です
コツコツと小気味よい打ち心地でリズム良く打電感覚が指に伝わってきます。
他の電鍵で手崩れが起きたときに、この電鍵に戻ってきて自分の感覚を再調整。
無くてはならない逸品です。
ハイモンドNKY-4
NKY4.jpg
QRTしたローカルから頂きました。
貴重な電鍵です。大型でずっしりと存在感があります。
HK808よりゴツゴツ感ありますがソフト感がします。まったりとした和文交信には最高です。
ベアリングネジを地良く閉めすぎないように
良い電鍵で今でも人気があります。
GHDGT599
GT599A.jpg
結構なお値段でした。マイクロゲージ付です
台座は黒檀で打ち心地は軽いです。電鍵自体も軽いので机に滑り止めが必要かもしれません。
打電している感覚は軽快で、軽い気持ちで打てます。私的な感想ですがHK808の方が打ちやすい。
ベガリ
イタリア
SculptureArrow
sculpture-allow.jpg
5台目のベガリとなります。
期待を裏切らないのがベガリの良いところ、値段は少々高いですが、それなりの価値はあります。
最初に手にしたときの感想は「重い・・・」何しろ2.2kgありますから、机上においたら動きません、
ステンレスの輝き、どっしりした存在感に圧倒されながら、打電してみると思いのほか軽い・・・
跳ね返りも少なく接点が接触する音もソフトです。
中速から高速用です。
ベガリspark
spark.jpg
黒い鋳物の台座にアームが金メッキでオシャレな感じがします。
打電感覚はNKY4のような接点同士が当たるゴツゴツした感じですがNKY4程ではありません。
ベガリの製品は全て重量があります、
机の上に置いても動かないのでハードヒッターでも満足できるかと思います。
ネイビースタイルなので打つときの指の位置と重心のかけ方が微妙です。
私は斜め前に傾斜させて打っています。慣れれば長い時間打電可能。
JA1CQJSprout
sprote.jpg
楫(アーム)の長さが160mm(HK808は100mm)と長く一見打ちにくそうですが、大変ソフトなタッチで柔らかい符号が打てます。
接点は板バネが付いていてそのために独特の打ち心地が楽しめます。
2019年のハムフェアーで購入しました。
バネ圧が弱かったので強いバネに交換したら、ますますFBになりました。
木製の台座と金のアームがアンティーク感がありインテリアにも良いです。
SCHURR
MORSETASTEN
西ドイツ
SchurrIMG_2913.jpegシューアと読むのかな?このパドルは全て手造り、ドイツ職人の精密さと頑固さを備えた縦キーです
寸法は50x105mm 重さは670gと軽いですが、しっかり作られているのでガタツキ微塵にもは感じられず
打電の力がそのまま符号になっていく感じです。感覚はソフトでカツカツした感じはありません、
接点は点と面(板バネ)になっているからでしょう。CQJ縦キーSproutと同じ様な接点構造ですがCQJほどソフトではありません、
ベガリSparkよりソフトです。
小型ですがしっかりした打ち心地が楽しめ外観は青銅製の黄金色で重量感と存在感あります。作者の魂が感じられる逸品です
スエーデンキーsweeden2.jpgスエーデンキーです。2008年に最後の一台が販売され、今は販売されていません
ネットサイト←
接点は金属板が上部の接点に当たる方式です
ベアリングを使っていません槓桿を雄と板バネで戻る方式です
機構はシンプルですが、打った感じはソフトでいい感じです。歴史のある電鍵ですので、大切に使っています。

横キー パドル

ベガリ
イタリア
sclupture swing
swing.jpg
ブルーナ ベガリ作、電鍵のフェラーリと言われる逸品です
バネは使わずマグネットで磁力でテンションをかけています。
複式専用のパドルです。粘りは不思議と出ません、コレはマグネットの作用による物かも知れません。
磁力を強くするとピョンピョンとした感じになります。この感じはバネにはない独特の感触です。
頭に浮かんだ言葉が自然に指先から、このパドルに伝わって、会話のような自然なモールス符号が出ます。
交信相手に、当局の符号は流れるようなリズムですネと言われるのがとても嬉しい
支点から接点の長さが可変出来ます。コレによって粘りの強弱も変更出来ます
私のメインキーです。大変気に入っっています。
ベガリHST-Ⅱ
hst.jpg
写真はⅢのものですが私が使っているのはⅡです。違いはスイッチの位置です。
高速用のパドルです。スイッチで複式にも切り替えることが出来ます。
接点は金でチャタリング、カスレは皆無です。
外国の有名な高速CWマンが好んで使っている意味が理解出来るパドルです。
打電感覚はハードでも無くソフトでも無く、指に伝わってく感覚はハッキリしているから誤打も少ない。
私のセカンドサブキーです
ベガリSclupture Mono
mono.jpg
小さくても存在感があります。アームが短く遊びが無い感じがします。
叩いたらすぐに信号が飛び出す感じです。磁気の反発を利用しているので自分好みに調整できます
打電感覚はチョット固めの音がしますが良い感じです。又ちょっと頼りないカバーが付いてきます。
机の狭いスペースでの運用には最高でしっかりとした重量があります。
電信していない時は文鎮にも使えそう(笑)私はセカンドリグに常備してすぐにQRVできるようになっています
少し接点間隔を広くし複式で打っています。デザイン、打ち心地、大変気に入っています。
GHD光センサーGD507
ダブルレバー
GD507.jpg
音の静かなパドルが欲しくて購入しました
GHD特有の感覚です。GHDのパドルはほぼ打電感覚は似通っています。
パドルに電源が必要ですので机の上が煩雑になるので上手く配線をしなければなりません
接点が光センサーの為にカスレや接触不良はありません。
しかし、接点がカチッと当たるあの感覚が欲しい方は少し物足りないかもしれません。
GHDGN507DX ダブルレバー
GN507DX.jpg
最初に購入したパドルがこれです。
可もなく不可もなく、別に欠点のないパドルですが、
バイブロと同じく時々カスレがきになります。
接点の素材でしょうか?
GHDGN407A
シングルレバー
CN407.jpeg
エレバグをするために購入しました
やっぱり接点のカスレが気になりました。
普通に打っているならとても打ちやすく良いパドルです。
最近シングルレバーの人気が低迷し販売中止になっていましたが最近復活したようです。シングルの良いところを感じて欲しいです。
GHDCF507A
CF507.jpeg
板バネの複式用パドル、接点の間隔が狭いと粘ります。
粘りを止めるには接点の間隔を広くする必要があります。板バネは弾力があります
あまり弾ませない様にうちます。
ハイモンドMK704Z
シングルレバー
MK702.jpeg
小型なので移動用に。。。と思って入手しました。
カチャカチャと操作音が気になります。少し固めな感じです。
作りはしっかりしています。軽いのか底のゴムが原因なのか机上で滑ります。
バイブロシングル
vibro.jpg
デザインが良くて入手しました。
特別打ちやすい感じはありません。しばらく使っていると接点のカスレが気になりました
その都度、名刺などで擦ってあげてカスレを無くします、
レバーが独特で、楽しいパドルです。
ベンチャーJA2
JA2.jpg
非常にソフトで打ちやすいパドルです。
接点のカスレもなく思った符号が出ます。
最初使った時、打ちやすさに驚きました。ファンが多いのも理解出来ます
もし、私が再度エレキーで運用するようになったら、間違いなくこのパドルを使います。
不思議とミスが少なく、スクイズがしやすいからです。

バグキー

バイブロ デラックスoriginal_deluxe.jpgバグを操作したくて購入しました。
バグの本家らしくしっかりした作りです。おもりは近くの金属加工の友人に2ヶ作って貰いました
短点の振れは長い時間、打ち続けます。それだけバランスが良いのでしょう
やっぱり、短点のカスレが気になりました
A1クラブキーA1クラブで作った記念キーです。
止めネジは小さくすぐに緩んでしまいます。
まぁ記念ということで、再度分解して保存しています

コンボイ(縦と横が一対)

A1クラブキー2012絆」
_DSC2800.jpg
軽い気持ちで購入しました。使ってみると意外に打ちやすい。
流石電信マンが試行錯誤してGHDに依頼した電鍵です
パドルも小さいながらしっかりとした符号を出してくれます。
縦キーの方も大変打ちやすい、HK808に感覚は似ています。
販売後しばらく立ってからオークションなどでも人気でした。
また、横と縦キーを分割したキーがCQやGHDでも販売したことから打ちやすさが分かります。
パドルがシングルなら私にとっては最高です
後世に残る逸品かも
A1クラブキー
「さえずり」
小さくまとまっています。
バッグの中にしまって、移動先で使うには便利です。
小さいモノはそれなりに使い道あります。良い電鍵です

小型で持ち運び便利なキー

ノムさん工房
伝心君 ver1
恐るべし伝心君 A1クラブ記念で購入
マイクロスイッチと聞いて馬鹿にしていましたが、とっても打ちやすい、
主に車内で使っていますが裏の磁石が強力で一度付いたら外すに苦労する程です。
打電感覚はソフトです。私は粘り防止を入れて複式で打っています。軽くて移動用には最適なパドルです
ノムさん工房
伝心君 Ver2
Ver1より小型になりました。
個人的な意見ですがVer1の大きさが良かったかな。ネームプレートにもなるし・・・・・
ノムさん工房
てんとう虫
GHD 移動用移動用に購入した
調整が難しく殆ど使っていない
性能から見てコスト高の感あり

付属品

APF(自作)3台本サイトに記事あり自分で設計したものと回路図を入手したで工作しました
固定のリグ2台と移動用(FT817)1台に使用しています
特に固定ではプリアンプと同時に使ってかすかな電信音も確実に拾えるようになりました。
無くてはならない付加装置です
F2ジェネレーター(自作)3台本サイトに記事F2での交信に使いました。JA1HHF日高OMの設計です
メモリーエレキー(自作)2台JA1HHF日高OMの設計路ネット上の設計です
粘り防止(自作)2台本サイトに記事大変便利に使っています。
消費電力も少なく忘れるほど長持ちします
私はモニターも付けて練習ようにも使えるようにしました

最後に私的な感想

思ったときに、思ったような符号が出る・・・究極の電鍵。あるはずがありません

私は複式と縦ブレを使ってQSOしています。

縦キーは適度な打電感覚と強めのバネ圧が好みです。つまみは平でなく丸い方が人差し指と薬指が乗せやすいので、丸い方が好みです

よく人から鞍下式?反動式?などと聞かれますが、自己流なので分かりませんが、長い時間綺麗な符号が出せればどちらでも良い・・・と考えるようになりました。
達人の話もそんなような話しをしていた様な・・・。

横キーは、複式で打つので適度な反発があれば打ちやすいです。カチッカチッという感じで無くビョーンという感じでも無く・・・その中間以下のような感じです。

ですから板バネで無くて強めの板・・ですかね、ベガリのSwingが丁度良い具合です。

自分ながら・・・難しい・・・(笑)

メーカーで考えると

GHDはGHDの打ち心地、ハイモンドはハイモンドらしい打ち心地・・・と、それぞれ特徴があって面白いです。

バイブロ(アメリカ)、ベンチャー(アメリカ)、ベガリ(イタリア)、シューア(ドイツ)など外国の製品もまたそれぞれ違った打ち心地で楽しい

接点の機構、アームの長さ、台座の種類でこんなにも感じが変わるのかと、改めて感心している


添付ファイル: filesweeden2.jpg 2件 [詳細] filevibro.jpg 2件 [詳細] filesweeden.jpg [詳細] fileMK702.jpeg 2件 [詳細] fileCN407.jpeg 4件 [詳細] fileCF507.jpeg 1件 [詳細] filesprote.jpg 5件 [詳細] fileIMG_2913.jpeg 3件 [詳細] fileJA2.jpg 1件 [詳細] fileGN507DX.jpg 2件 [詳細] fileGD507.jpg 4件 [詳細] file_DSC2800.jpg 8件 [詳細] fileGT599A.jpg 7件 [詳細] fileNKY4.jpg 7件 [詳細] fileHK808.jpg 7件 [詳細] fileoriginal_deluxe.jpg 6件 [詳細] fileschurr.jpg 7件 [詳細] fileswing.jpg 8件 [詳細] filehst.jpg 9件 [詳細] filespark.jpg 7件 [詳細] filemono.jpg 11件 [詳細] filesculpture-allow.jpg 12件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-08 (火) 15:06:50 (8d)