2019/7/18 (木)

ハム活動記

QSLカード

交信成立すれば送るのがQSLカードですね。

最近はeQSL LoTW などQSLカード交換も変わってきました

JARLビューロでのカード処理なども繁雑を極めていると聞いてます

そこで、いっその事、電子メールでQSL交換すれば良いですね。

いかがでしょうか?

送る方は上の様になりますが、受け取るほうあ・・・というと

メールが使えない方は

2019/7/16 (火)

ハム活動記

写真展開催中です

584676872.840451.jpg

IMG_2782.jpg

13日〜始まった写真展は、大盛況で開催中です

毎日250名ほどの来客があります。

無線の仲間、同級生、地区の皆さん、そして写真仲間と親しくお話しできるのも楽しみの一つ

写真を前にして、写真についての話や、全然関係無い話になったりと・・・

残り3日になりました。

頑張ります

2019/7/10 (水)

ハム活動記

写真展開催のお知らせ

いよいよ 写真展間近です

7月13日から19日まで、山梨県立美術館にて開催します

私は13〜15日 美術館に詰めています。

今回のテーマは「川」です。実際撮影しようと思っても中々良いアングルの写真が撮れませんでした。

朝日、夕日、日中・・・ その時々で風景はガラッと変わってしまいます。

私のテーマ写真は、

自由作品は、撮りためたカワセミの写真です。
今回はバックを省略してカワセミだけを浮き上がらせようとフォトショップで加工しました

ちょっと違った感じに仕上がりました

ぜひ、ご感想をお聞かせ下さい

p.png

2019/7/8 (月)

ハム活動記

perlで鬼に金棒

最近、あまり人気の無い高級言語Perlの話です

人気の高いPythonも少しかじってみましたが、オブジェクト指向で、関数なのかクラスなのか?
中々理解に時間がかかってしまう。チョットした所でコンパイル出来ずに足踏み状態。

使い慣れたPerlが自分に一番合っているような気がしている

Perlなら、スラスラと記述でき、記述しながら次のステップで必要な作業なども浮かんでくるので作業効率が良い、

まぁ、多次元リストとかレファレンスとか・・・テクニックが必要な所も返って面白くて楽しい

それで、ハムログのソフトを作った

これが思った以上に上手く動作してくれている、動作チェックがてら無線にも積極的にオンエア出来るようになった。

交信中に交信記録QSLをメール送ったりも出来るので楽しさ倍増って事です

Logdyはコマンド形式だからコンソールから -qsl nn と打つだけでnn番表示の局に自動で送ります

まぁ、最近の無線家はPC同時に使って交信履歴をチェックしながら相手の名前とか交信回数とか、前の交信日はいつだったのか?とかチェックするわけで

二ヶ月以上前なら「久しぶりです」などと打って差し上げる。一年以上前なら「ずいぶんご無沙汰してます、お元気でしたか?」などと打って差し上げる

交信最初のフレーズでそう言った挨拶になるので、素早く検索が必要となりますね

コールからしばらく時間がかかって応答してくる局は、多分紙ログなのでしょうか?

先日交信したばかりなのに、初見のような挨拶の局もおります。まぁ大丈夫、気にしていません。私も昔・・・何度かありました(笑)

まぁ、そんな訳で、立ち上がりの速いPCと起動の速いアプリがあれば鬼に金棒・・・て事です

2019/7/5 (金)

ハム活動記

交信証明書

qsl1.jpg

交信証明書を一新、これはEmail専用のフォーマット

JARLで転送指定してある局には、Logdyから交信中に1アクションで送ることが出来るようにしてある。

予めJARL転送はチェックしていますが、エラーで返ってきた局は、アドレス帳にnullと目印をつけてあげれば以後メールは送りません。
個人メールアドレスの分かっている局には、そのアドレスが優先されます

QSLカードの交換はアマチュア無線の楽しみの一つでもありますが面倒くさい事も確か。

従来のカード印刷は毎月出来ず、半年に一回になってしまった。

そこで、綺麗なQSLカードを交信中にメールで送れれば完結してしまうので、ものぐさの当局にとっては便利。

2019/7/3 (水)

ハム活動記

目的があって

何かしようとする場合目的が大事ですね。

何かを覚えようとする場合、目的があれば覚えるスピードも速い

昔、私の所には組版機があった。RYOBIのEP430といい、現在のワードのような機能を持ったパソコンでした。中身はUNIXでDOS形式のFDをさしてデーターを保存していた。

組版機で入力した文字を他のPCで活用するには専用のソフトが必要で150K位の見積が来た。そこで自分で開発しようとC++を学習することに

目的があれば、それに絞って学習するので覚えるのも速かったような気がする。40年ほど前の話 である。

さて、無線の話に戻るが、モールス通信でも和文は敷居が高い、やはりしっかりした目的を持ってモチベーションを維持しつつ学習すれば3ヶ月で交信できるようになる。

何をするにも目的があっての事

2019/7/2 (火)

ハム活動記

同期の会

6月29日 最後の土曜日中学校の同期の会でした。

昨年に続いて第二回目でしたので、参加者も昨年の半分でした。それでも50名集まり楽しいひとときを満喫できました。

昨年から半年ぶりの再会でしたが、それでも病気が悪化して来れない方が2名、食道癌で術後の方が1名。少しづつ歯が欠けるように少なくなってしまいます。

私は、写真撮影でお手伝いしていますが、やっぱり動きのある笑顔を中心に撮影しています。

病気持ちの方の笑顔のほうが、精一杯生きていると言った表情豊かな写真が撮れるのが不思議です。 

2019/7/1 (月)

ハム活動記

今年も半年過ぎた

色々とありましたが、あえて楽しい事を振り返ってみると、

こんな事ぐらいです。

写真展は今月13日〜県立美術館で始まります。どうぞよろしくお願いします

<<2019-082019-06>>

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS