ハム活動記

R0012080.jpg

ツェップアンテナの同調部分

アンテナは、IV線を使いましたが、釣り竿に沿わせると重くなってしまうので、以前に買っておいたDP用のアンテナ専用の線を使いました。
左側に見える線がそうです、ダイヤルは同調バリコンの調整ダイヤルです。
計算上は3μFと10PFで29メガに同調させますが、浮遊容量のために少しだけLインダクタンスを小さめにしました。このために送信機側から見たインピーダンスはおおよそ600Ωくらいの筈です。

軽いアンテナ線のおかげで、釣り竿も大丈夫のようです。

バリコン耐圧は500V位、入力は最大50W程度です。 これは、一時側と二次側の比が約10倍(1.5ターンにタップ、全体が15回巻)、インピーダンスはa math imageで100倍です。

アンテナの長さは、約5メートル、帯域幅は約100KHz位、SWRは1.2以下です。同調用ダイヤルでSWR計をみながら調整します。
次回はSWR計内蔵を考えている。


添付ファイル: fileR0012080.jpg 894件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-23 (火) 12:51:50 (3555d)