ハム活動記

ループアンテナ

6mバンドのループアンテナ(試作版)が完成した。

Loop.jpg

このアンテナはマグネチックループアンテナ(MLA)と呼ぶようだ。

バリコンで同調させるので、Qの高さに比例して電圧、帯域が決まる
この仕様で、約30KHzぐらいの帯域、Qは未測定だ。(下記にQを計算)

まぁ、一応試作品ということで、これからいろいろと実験を重ねていこうと思う

実際にはこのバリコンに47pFのコンデンサーを直列に接続している、これは10W入れるとSWRが急に上がってしまう、多分、放電?が原因かも、電圧を分散するためにコンデンサーを入れた。

簡単な計算式

47pFとバリコン(6m同調では15pFくらい)を直列にすると、合成容量は

a math image a math imagepFとなり、15PFはカバー内に入っている。

Qの計算

a math imageとなり、Qは42位になる。

1ワット入れたときにかかる電圧を計算すると、a math imageから、約7VxQ値と予想されるので、300程度にりそうです。
仮に、10W入れた場合、約21x42=882Vとなり、500V耐圧では間に合いません。

47pFと18pFが直列に接続されており、両端に882Vかかると、18pF(バリコン)の両端の電圧を計算すると、 a math imageがかかります。500V耐圧のバリコンでは、この状態でも不足することが分かります、精々5ワット程度の出力が適当だろう。

マッチングの取り方

  • まず、バリコンを使って目的周波数に同調するか
  • 給電ループの大きさを変えてみて、SWRが最少になる(a math imageを求める

詳しくはSmallMagneticLoopAntenna


添付ファイル: fileLoop.jpg 614件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-12 (水) 12:38:46 (2871d)