ハム活動記

EK155 早速、中味を見る

ワクワクしながらEK155の中を覗く、フレームはしっかりしている、 特に底からサイドにかけてのフレームは鉄板だ。これなら、少々荒っぽく使ってもビクともしない。

中の配線はいたって簡単、ICの乗ったプリント版。修理も出来そうだ。

短点と長点の配線を確認し、引き出す穴も確認、3Pシールド線を通すには少し狭いが工夫すれば何とかなりそう。

実際に打ってみたところ、短点と長点が逆、親指が長点になるはずが短点がでてしまう。左手用かな (XД^)

気にしていたウェイト調整もバッチリ、外部電源も9〜16Vということで、問題なし。
移動用では006Pの9V電池も使える。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-11 (木) 17:08:04 (2537d)