ハム活動記

縦ぶれ電鍵

最近、手崩れで縦ぶれがうまく打てない、

原因は分かっているのだが・・・

  • ホレの時、必要以上に早く打とうとする
  • 頭と手首が合わない。(頭の回転と手の動作が伴わない)
  • 姿勢が悪い(猫背に・・・)

そこで、再度、縦ぶれキーの調整をしてみた。

  • バネ圧は 150gに(200→300g少し重く)
  • 接点間隔 0.2mmに(0.15→0.2mm 少し広く)
  • つまみをアルコールで綺麗に掃除(滑らないように)
  • 机上まわりを掃除サッパリに
  • イスの高さを調節、いつもより高くしてみる。

長点を打つときに、心して打たないと長点が短くなってしまう。
長点に気をつけながら、少し打ち続けてみようと思う。

昨夜のホレ

昨夜は、パドルでのキーイングでした、・− が ・−・ になってしまったり、・−・が ・・−・ になってしまったりと、散々でしたが、それでも最後の方では、巧く打てるようになってきた。

頭で考えた文言が瞬時に符号となって送信できるようになるのは、いつのことやら???

受信の方は、80%以上は理解できるようになった。しかし聞き取ることができれば出来るほど、相手のクセがわかってくる、そして、打ち間違いや誤魔化し、相手の感情などが、だんだんと解ってくるようになった。

面白い es 楽しいです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-20 (土) 09:05:02 (2495d)