ハム活動記

今日は、普段開発に使っているperl のソースコードの事だ、

次回の備忘録として、ブログに残しておくつもりで書いておく、

8J1Y記念局のQSLカードを作成する

ハムログADIFから

コメント欄

ハムログADIFからQSLカード印刷用データーを編集する場合、コメント欄にリグ、JCC、移動地が入ってきます。
これの、リグ名を除くスクリプト

my $idou_tmp = &get_comment($rec);
if($idou_tmp =~ /%.+%/){$idou =$&;} #%で囲まれた文字列があれば、それを抜き取る
    else{$idou = $idou_tmp;}
    $idou =~ s/%//g;
    $idou =~ s/8j1y\/1//ig; #8jiy/1も除く

エリアを取得するスクリプト

sub get_area_num{
	my ($area_call)=@_;
	my $psw=10;   #Initial Set
	my $cc = uc($area_call);
	if($cc =~ /[7-8][J-Nj-n]\d[A-Za-z{3,}]/){$psw=1;}   #1area
	if($cc =~ /J[A-Sa-s]\d[A-Za-z{2,}]/){$cc =~ /\d/; $psw=$&;}  #¥d--->Area Number
	return $psw;  #10:over sea  0〜9 area number
}

8J1とか7Nとかは1エリア、JAからJSまではJコール、次の番号がエリア番号
その他は海外局で10を入れる、このエリア番号でソートすれば、エリア別に印刷されるって訳だ。

交信時間

ADIFはUTCで入ります、ハムログでもUTCで入っています、しかし時間は6桁でなく4桁ですので、秒の2桁を追加してからUTC→JSTに変換しなければなりません。

a math image用のソースに

ADIFをa math imageのソースに自動変換させ、DVIPS等でPDF化する時に、文字コードの問題があります。

私の環境はUTF8ですから、ADIFを一旦UTF8に変換してからでないと、日本語が文字化けします。

Jcodeなどで、変換しても上手くいかないこともあるので、Jeditで開いてから文字コードを変換して処理を行う。

pic.png


添付ファイル: filepic.png 581件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-02 (土) 08:37:57 (2394d)