ハム活動記

F2トーンを直接リグに

R0014276.JPG
R0014279.JPG

今までのF2キーヤでは縦ブレ、バグなどのキーから符号を出すと、頭切れがしてしまう。
コレを修正するにはPICのプログラミングから訂正しなければならなかったので、
仕方なく他のモニターからF2のトーンを入れるようにした。

他のモニターって何があるだろう、手っ取り早いのはHFサブ機のTS940が正面にあり、
いつもそれでキーイングの練習をしていたので、これのヘッドホーン出力からF2トーンを頂く事にした。

回路は簡単だ、TS940のヘッドホーン出力→ST75(600Ω:10KΩ)変換→レベル調整用VR→IC911のACCへ。
IC911のACCからAFへの入力インピーダンスは10KΩ、典型的なロー出しハイ受けでノイズ対策考慮の設計。流石アイコムさん、
手持ちのトランスで使えそうなモノはST75位だったのでこれを使用することにする
ACCケーブルはマイクコード使用、LEDの保護抵抗は1KΩ、レベル調整用VRは1KΩ

PTTは当面手作業になる。事故を防ぐためにPTT入りの時にはLEDが光るようにした。

実際に使ってみて

  • JI1MEQさんが145.100に居たので呼び出して変調具合を診てもらった VYFBとの返事で一安心
  • JJ1MTUさんを呼び出して、再度レベル調整のお手伝いをお願いした、VRの位置などを決めた。
  • F2送出時のモニター音が小さいが、まぁ取り敢えずコレでガマン→100円アンプの登場かな\(^_^)/
  • PTTスイッチが固い・・頻繁に入れたり切ったりするので、もっと軽いモノにしておけば良かった\(^_^)/

追加機能

  • モニター音用アンプ
  • PTTのSWはプッシュでオン+遅延回路1秒位でオフ、又はトーンが入ればON(頭切れが心配)+遅延回路

添付ファイル: fileR0014276.JPG 516件 [詳細] fileR0014279.JPG 473件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-23 (水) 13:36:09 (1976d)