ハム活動記

CWDとTGWK(作成途中)

モールス解読器(復号器)とモールス練習機を一つのケースにケーシングするのが目的

まず、問題は、電源をどうするか?
復号器は三端子で3.3Vにしているので、容量の関係で3V1Aの三端子を使ってCWDとTGWKに3Vを供給すれば解決します。
TGWKは250mA、復号器も250mA位は使うと予想して1000mAあれば充分でしょうね。

pic1.pngpic2.png
フタ側:左下:3V用三端子基板
(低損失三端子レギュレーター 3.3V1A TA48033S)
   右下:TGWK基板、いずれもフタ側に付ける
LCDは接着剤で止めた、
CWD感度用VRとE/J切り替えボタン、
TGWK音質/スピードボタン、電源スイッチ

ケーシングは少し深底を使って2段にすれば、手持ちのケースに入ります。

写真は作成途中の画像、表に出す調整用のVRは、CWDでは感度VRとJ/E切換ボタン
TGWKでは音質/スピードVR、電源スイッチです。
AF出力は100円スピーカと100円アンプを考えているので、ここでは半固定にしました。
キージャックはストレート用の1ケのみ、パドルは外付けエレキーを使う事が多いのでパドル用は付けません

まぁ、完成までまだ時間がかかります


添付ファイル: filepic2.png 456件 [詳細] filepic1.png 493件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-02 (火) 12:48:43 (1899d)