ハム活動記

芸術の小径運用

ATAS25.jpg

定番 釣り竿アンテナのコイル部のタップが切れてしまった、

本来なら釣り竿と、ATAS25の飛び具合をテストしようと思ったのですが・・・残念

ATA25はエレメント3本+ラジアル線(3本付アース線)の時がSWR1.2でした。

釣果は、コンディションが悪く2局のみ・・・

ATAS25の感想

組み立ては簡単でした、三脚(以前、ストロボ用として使っていたもの)は、足長でしたので、安定性に自信がありませんでした。まぁ、普通の三脚です。
近くの立木やガードレールで補助してあげればFBです。ですから紐やロープは多めに持参必要あります

接地面とは1m位離れるので当然グランドが必要になります。
ラジアル線は3本セットのものが良好でした。

やはり、移動運用でアンテナセットをする場合は測定器が必要です。

ATAS25調整用の軸び振れると大きくSWRが変化します、だから調整には若干手間取りますが、
自作のアナライザーで2回ほど調整すればベストポジションになりました。1.2〜1.5付近

FT817のSWR棒グラフは1ケでした。

でも、自作のVCHアンテナのほうが飛びそう(実績があるので)な気がします。
アンテナらしくなく、アマチュアらしい・・・


添付ファイル: fileATAS25.jpg 459件 [詳細] fileimage.jpg 176件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 16:33:12 (1813d)