ハム活動記

パドルのフェラーリ「ベガリ Swing」

2台目のベガリを入手できました。

ずっしりと重たい2.2kg 気をつけないと手首を捻挫してしまいます。

特にこのパドルは硬質のステンレス削り出し、重厚感と質感がすばらしい、流石、電鍵のフェラーリ

打った感覚は、滑らかで、とてもGHDの複式板羽とは比べるのも可哀相なくらい素晴らしいです。

同じBegaliのHSTは少しハードな感じですが、Swingはあくまで滑らか・・・

私のコールサイン入り、一生の宝になりました。

0.jpg 1.jpg 2.jpg

swing.jpg

翻訳

Sculpture Swingは妥協のないクーティー・キーです、そして、彫刻シリーズを成長させる、
それはそのタイプの最終的なキーを代表するように設計されていました。
そして、市場に出ている他のモノより材料と最高水準の技術で作られています

全ての固定部品は、AISI-304ステンレス鋼 (専門機械とツールでこの完全に合うことができるだけである実質的に破壊できない材料 )で、完全に製造されます。

それは一生涯に最高の品質を維持するように洗練されています、
そして、装甲表面と違って、あなたは宝石商ルージュまたは車洗練性のような純粋な粗い合成物でどんな傷でも常に取り除くことができます。

パドルまたはまっすぐなキーでと違って、あなたはクーティー・キーで接触閉鎖が柔らかいことを望みます。

あなたは精巧な移動がキーの後ろで集会に連絡するのを見ます(その位置を変えることは長い針腕がどれくらい固いと感じるかについて決定します。)

正面で、あなたは中心の位置と戻り力を決定する同心のばね式栓とカムを見ます。

あなたが長いレバーを動かすとき、同心の停止は圧縮されます、
そして、結局、針腕の金の装甲ボールは急にあなたの運動を止めることなく接触ポストで接触に触れます。

これは“feel”をもつ専門家と他のどのキーもと違っている手運動のためのキーです
しかし、一旦あなたがそれに熟達するならば、それは電子keyerを必要としない高速のキーの満足感を提供します。

彫刻二重レバー・パドルでの様に、固体14kの金(メッキされていない)から作られる金の接触は、標準の特徴 ― 利用できる最高の接触どこでも ― です。

ベースの底で、我々は ― この重い2.5kgの重量にあなたのテーブルの上にまわりをすべらせるのはかなり難しいけれども ― ずれを防ぐために、ゴム・リングを使っています。

また、ゴム・リングの代わりにあなたがインストールすることができる4本のゴム足は、含まれます(この余分の重さは、また、わずかにより高い送料に対して責任があります)。

その彫刻兄弟との様に、我々は生産物だけでなくのこの鍵であらゆる試みをその目的に最も高い可能な精度を供給する技術的な器具としました、しかし、また、美学的にそれを気持ちよくしました。

黒点

pic.png

http://swc.nict.go.jp/sunspot/

一時落ち込んでいた黒点も上昇気味・・・

夜の3.5メガも楽しみになってきました。

昨夜、MEQ局と3.5メガでラグチュでもとQSYしました、599のRSTを送りましたが本当は559程度
QSBもありチョット厳しいが、いつも交信しているので内容は100%とれました。

でも疲れるので早々に引き上げ2mF2にQSYとなりました。

黒点も120位になってくれれば、FBかな


添付ファイル: fileswing.jpg 492件 [詳細] file2.jpg 498件 [詳細] file1.jpg 527件 [詳細] file0.jpg 494件 [詳細] filepic.png 515件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-06 (木) 17:43:07 (1807d)