ハム活動記

力を抜いて

いろいろな電鍵を使ってみると、それなりに力の入れ方が微妙に違ってくる。

私はこの微妙差を吸収できないので、誤打が出てしまう

縦ブレキーは

おおよそ、リラックスし、肩の力を抜いて、手首運動と腕の重さを電鍵に掛けながらタイミング良くスムーズに打つのがコツだ。

それに丁度良く調整された電鍵のバネの強さは腕の重さに依るが、およそ200g位、 重く感じるだろうが、腕の重さを支えるには丁度良い
このような打ち方では、スピードは望めないが、ゆっくりと滑らかに打つことが出来る

スムーズな符号(コツコツと固くならない符号)とリズムの良い符号を目標に、リラックスを心掛けたい。

最初は、リズム良く打って交信に入る。しかし30分過ぎた頃から、手首がサボり始める・・・楽(ラク)しようとするので、短点が欠落し始めると、リラックスできなくなり、力が入り出す、すると、リズムが崩れる→誤打が増える→気を取り戻す

この繰り返しで、一時間のQSOが終了

やはり、複式電鍵が楽チンだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-27 (金) 08:18:18 (1635d)