ハム活動記

EXIF情報

カメラで撮影すると一緒にEXIFというデータも保存されるようです。

EXIFを読み込めるソフトもたくさん出回っていますね。

私は、EXIFTOOLなる、ソフトをインストールしました。perlなどとの相性が良いからです。

さて、そのEXIFは、位置情報なども記録してあるようで、プライバシーに敏感な方はよく調べてみて下さい。消したり書き込んだり出来るようです。

その、データーを表示させると、たくさんの項目が出て来ます。沢山ありすぎて必要な項目を探すに一苦労(;゚ロ゚)します。

私の場合、絞り、F値、ISO、レンズと焦点距離など一般的なものがわかれば目的を達せられます。

私がよく使うオプションです

exiftool -lang ja -t -FileName  -FileType  -Make  -Model  -ExposureTime  -FNumber  -ExposureProgram  -ISO  -MeteringMode  -Quality  -WhiteBalance  -FocusMode  -FlashSetting  -FlashType  -WhiteBalanceFineTune  -WB_RBLevels  -ProgramShift  -ExposureDifference  -PictureControlVersion  -PictureControlName  -PictureControlBase  -PictureControlAdjust  -PictureControlQuickAdjust  -UserComment  -LensID $1 > $1.csv

$1はファイル名を入れます

簡単なシェルに書き込んでパスを通せばコマンドも簡単です
if [ $# -lt 1 ]
then
	echo "---shell start---------------------------------------------------by  YuzoItoh---"
	echo "Exif Data CSV List"
	echo "Usage:ExifCSV ファイル名 又は ディレクトリ"
	echo "      必要な事項だけを読み込んでCSVファイルとして同じディレクトリに出力します"
	echo "---------------------------------------------------------------------- shell end"
	echo
	exit 1
fi

exiftool -lang ja -t -FileName  -FileType  -Make  -Model  -ExposureTime  -FNumber  -ExposureProgram  -ISO  -MeteringMode  -Quality  -WhiteBalance  -FocusMode  -FlashSetting  -FlashType  -WhiteBalanceFineTune  -WB_RBLevels  -ProgramShift  -ExposureDifference  -PictureControlVersion  -PictureControlName  -PictureControlBase  -PictureControlAdjust  -PictureControlQuickAdjust  -UserComment  -LensID $1 > $1.csv

シェルで書くとこんな感じです。
まぁ、自分だけで使うのであれこれ考えずに・・・(^_^)

これを実行すると

scv.png


添付ファイル: filescv.png 225件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-21 (火) 11:35:39 (998d)