ハム活動記

やっぱりアナログメーター

s2.png

アンテナのビームが鋭くなったので機械付きのデジタルSメーターでは最適な場所がわかりづらくなってきました。

そこで、以前自作しておいたアナログメーターをIC911につけました。
コードの引き出しは1200MHz用の窓がありましたのでそれを加工してプラグを付けました。

写真のようにデジタルではインジケータが0でも、アナログメーターの針は振れてくれています。

Sメーターのふれ具合RST519

緑区のAPL局長さんと一緒に144.072中心にQSYしながらテストしてみました。
ビーム方向は真東

144.095144.075144.072144.060144.050
send=559539519539559

一番強かったのは144.095 上の方でした。

山の反射、回折、など電波の伝搬は複雑ですが、なぜかAPLの局長さんとは144.072は最低です。

試しに夕べのロールコール144.100(川越市)とのQSOでは初めてお互いに599/59の良いレポートでした。

やはり以前の八木と比べてSが2違います。

電圧比較ではSが1つ2倍ですから6dB。Sが2ヶなら4倍で12dBになります

SANT 電圧dBµ
9+60dB100mV100dBµ
9+40dB10mV80dBµ
9+20dB1mV60dBµ
9100µV40dBµ
850µV34dBµ
725µV28dBµ
612.5µV22dBµ
56.25µV16dBµ
43.125µV10dBµ
31.56µV4dBµ
20.78µV-2dBµ
10.39µV-8dBµ
00.195µV-14dBµ

添付ファイル: files2.png 216件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-31 (月) 13:04:50 (750d)