ハム活動記

コハクチョウ撮影

先週の3日 安曇野までコハクチョウの撮影に行ってきました

ハンディトランシーバー持って行きましたが、無線をする時間ありません

朝5時出発、途中で朝食、現地には7時に着きましたが、既に飛び立った跡でした。
仕方ないので、白鳥湖へUターン、川を行ったり来たりする白鳥をカメラに収めました

10時頃にはコハクチョウも動きが少なくなったので、ホリデー湯四季まで足を伸ばして、温泉と昼食です。
お決まりのビールで乾杯し杜氏蕎麦を食べました。

14時ごろ戻って、コハクチョウが帰ってくるところを待っていましたが、15時、16時と、中々帰ってきません

暗くなってきたので諦めて帰宅しようと思った時に帰ってきました。

暗くて早いシャッターは切れません・・・

でも何とか撮影を完了 帰宅したのは20時でした。寒い中をよく遊んだ一日でした。

_D5C5826.jpg
真ん中は子どものコハクチョウ、来月には北に帰るので親について一生懸命、練習中

_D5C5757.jpg
北の畑から帰ってくる、ファミリーで行動します。
周りは薄暗くなってきています。太陽の僅かな光で撮影しました。

_D5C5726.jpg
ファミリーで飛んでる様子

_D5C5601.jpg
近くの畑で撮影。後ろの山は「常念岳 標高2,857 m」、今回撮影希望の一枚でした。
(撮れて良かった FBFB)

_D5C5300.jpg
白鳥湖、一斉に飛び立つ様子、飛び立つ前の仕草は、首をコクコクと上下に合図して、
いきなりバタバタと走り出します。助走は水の上を駆けているよう

_D5C4934.jpg
コハクチョウも一カ所に沢山あつまれば、ちょっかい出す輩(ヤカラ)もいます。
オスがメスを追いかけるのか?分かりませんが、まるで水遊びをしているようです。
驚いたカモが飛び出してきます。その姿格好が面白い(鴨のピント少し甘いけど仕方ない)

今回のデータ

今回はシャッタースピードを1/120位で、羽の動きも撮影しようと決めていました。
ISOは自動です。日中は明るいので、もっと絞り込まなくてはなりません。
しかし絞り込めば背景はボケません。痛し痒しの所があり、良い勉強になりました。

カメラはニコンD5 レンズは100-400mm Sigmaズームでした。

シグマのレンズは、動きのあるコハクチョウをよく追いかけてくれました。
しかしズームの回転方向が純正のニコンレンズと反対なので、
慌てて逆回りにする場面も数回ありました。 もう少し、使い込まないとダメですね。


添付ファイル: file_D5C5826.jpg 103件 [詳細] file_D5C5757.jpg 128件 [詳細] file_D5C5726.jpg 114件 [詳細] file_D5C5601.jpg 122件 [詳細] file_D5C5300.jpg 189件 [詳細] file_D5C4934.jpg 130件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-09 (金) 17:38:39 (305d)