ハム活動記

なぜ

今回もアマチュア無線の話題

なぜ、私の趣味が長続きしているのか考えて見た

無線交信が楽しくなったのは多分、和文モールスで長い時間ラグチュ出来るようになったからだと思う。

上手く聞き取れない、上手く送れない、

今回は上手くいった、ミス無く送れた

そういった一喜一憂のなかで満足感と達成感が生まれ、同時に少しずつ上達して行くのが自分でも分かるからか?

相手はエレキーでキレイに整然と打ってくる局もいればバグキー、縦ブレキーで癖のある(個性的な)符号を送ってくる局もいる

初心者の時には個性的な符号は本当に耳障りであった。どうして1:3の符号を打ってこないのか?暗号のような符号は違反では無いのかと思ったりもした。

ネットなどを見るとそう言った書き込みも見かける

しかし、自分が聞き取れなかったから、そのように感じたのであり、個性的な符号も聞き取れるようになると、個性的で交信していても疲れない、本当の会話のような交信になるからこれも愉しい。

でも、符号にならない符号(スペースの無い符号)は、今も聞き取れない。

エレキーだから、バグだから、縦ブレだから・・・そんなのは関係ない ほんの一呼吸置くだけでキレイな符号になるのにと・・思う

さて、長続きするのは、そんな中で切磋琢磨しながら、自己訓練しているからだろうと思う。
簡単に、すぐに 誰でも・・・出来るのは、飽きるのも早いのだろう

また、無線交信と同時にアンテナの製作や回路の工作なども愉しい

回路図をそのまま作るのでは無く、なぜ?と考えるのが面白い

アンテナを作るときもなぜ?を考え、情報を集め、自分の糧にする。これが愉しいしレベルアップにもなる。

そんなわけで、アンテナ一つ作るにも時間がかかるがアンテナの動作や原理が分かったアンテナは本当に自分のアンテナとなると思う

さぁ、良い季節  おおいに愉しみましょう


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-11 (金) 10:53:03 (193d)