ハム活動記

モールスの音

最近はモールスのみでフォーンを聞く事が少なくなってしまいました。

HFのリグにはAPFオーディオピークフィルターというフィルターが入っていて、通常聞いている600ヘルツにセットすれば600ヘルツだけをピックアップしてくれます。
普段、気にもせず聞いている音になれてしまっています。

それ以外の音はフィルターで減衰させるので、信号がまるで浮き上がってくるように、その効果は絶大です。

しかし、アイコムのリグにはそのような機能が付いていません。CWに力を入れていないからでしょうね。

私の使っているIC911はV/Uのリグですが、CW-N ナローにしてもノイズが気になります。

そこで、自作ですがAPFを付けたら快適で重宝しています。

最近、もっと良い回路のAPFがあるかなぁとネットで探していたら、キャリブレーションにありました。

JA2DNA 堀尾OMの回路です、CQ誌掲載の回路で、A1クラブの面々が試行錯誤してちょっと話題になった回路です。

で、
私も数年前にこの回路で作成したAPFを使っています。
私の場合は定数を変えて帯域を3段階に換えるようにしました。今回の回路はVRなので汎用性がありますね。
又、2段あるので帯域もフラットになりすぎず使いやすそうです。

この、キャリブレーションでは、キット販売していますので、2台目はキットから作ろうと注文しました。

受注生産との事なので本当にご苦労様としか言えませんが、工作の楽しみをいただけるキャリブレーションには感謝しています。

APFの注文先

是非、注文して工作の楽しみとCWの楽しさを味わえる一石二鳥のキットをどうぞ

apf.png

余談ですが・・・

DSPでフィルターする回路キットを貴田電子から購入して使いましたが、デジタルでフィルターするので切れは素晴らしいですがデジタルの堅いトーンでした。

でもこちら回路はトーンが自然に浮き上がってくるように聞こえました。デジタル化しないで、アナログそのままだからでしょうか?

キット制作後ケーシング完了
apf2.jpg

これは移動用のAPFです。入力と出力レベルがイヤホーン用になっており、ヘッドホーンやスピーカーは出力不足です。

使ってみて

  • CWピッチは600ヘルツ(私の場合)で信号を出しモニターします。
  • VR1とVR2を調整し一番音が大きくなったところ
  • ワッチしてみて一段と二段を切り替えて聞き比べる

一段でも信号が浮き上がってくる、二段にすると、信号の力強さが増します。ノイズが殆ど気にならない程度まで落ちてくれます。
移動での交信にはとても重宝しそうです。

144メガのCWでテストしましたが結構シビアでQRHが有れば直ぐに分かります
(相手なのか自分なのか不明ですが)

今後の展望

固定局のアクセサリーに使うのであれば、ゼロイン回路とアンプ回路を追加すれば便利に使えます。

現在作成中です。完成したら報告させていただきます


添付ファイル: fileapf2.jpg 14件 [詳細] fileapf.png 13件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-25 (火) 17:17:08 (24d)