ハム活動記

新しい縦ブレキー

ハムフェアーで購入した縦ブレキーが思った以上に調子が良く、私のフィーリングにぴったりなので再度ブログにアップします

http://corneatransplant.cocolog-nifty.com/ja1cqj/2018/11/post-433f.html

このキーは接点に特徴があり、板バネが付いていますので、とても静かです。
コツコツした感覚はありません、

長点がやたらに短くキツツキのような符号を耳にしますが、このキーなら正確な符号が出せるかな・・・と

丁寧な打電が知らず知らず身につきます。

先日2エリアの局長さんに808とこのキー「Sprout」の聞き比べをしていただきました。

Sproutのほうが柔らかい符号で聞いていて疲れない・・・との感想を頂きました。

接点の違いで、こんなにも符号の柔らかさが違うとは・・・

和文のために作られたと思ってしまうほど、疲れないのです。和文は符号が長い事とQSO時間が長い

また、少しクラシック調でデスクの上に置いておいても違和感が無くインテリアにもFBかと思う

市販のメカニック調の電鍵も存在感がありますが、少し控えめな存在感に大変気に入っています。

CQJ井伊さん、これからも良いキーを作って下さい


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-09 (月) 10:27:19 (93d)