ハム活動記

チョット便利なツールPstService

仕事の話し、郵便番号の話しです

皆さんは郵便番号をちょっと調べる時は、ネット検索か専用のアプリを使っていると思います。

1件や2件程度ならそれでも良いですが、仕事柄200や300、それ以上の住所録の作成では役に立ちません。

一般に住所録作成の場合、エクセル等の表計算ソフトが一番早いです。

そこで、郵便番号を入れたら住所に、住所を入れたら郵便番号に・・・入力の手を休めずショートカットで入力できたら助かります。

そんなアプリを盆休み中に作成してみました。(MacOSX版です)

今まで作成して使っていたモノを改良しただけですが・・・

郵便番号は124,339件に官庁特別番号があります。一応124,339件をSQLデーターベースに登録 しました。

手順として

  1. 表計算ソフト(MacではNumbers)に住所録を打ち込みます。
  2. 郵便番号を打ち込んだ所でセルを指示してショートカット
  3. 次のセルでペースト、住所が入ります
  4. 住所の後に番地などを入れます

こんな具合です

郵便番号が間違っていれば住所も違ってきます、また無ければ**NILと表示されますので、原稿を見ながら修正します。

住所から郵便番号を検索する場合も同じで、住所のセルを指示してショートカットで郵便番号がクリップボードに入るのでペーストしてあげます

仕上がった住所録は再校正し、CSVファイルとして保存してあげ、宛名用のフォーマットに流し込めば宛名印刷が完了します。

at.png

ss.png

MacOSX専用です

  • ソースコードなどは技術情報ページに掲載しておきます。
  • Automatorを使っています
  • サービス機能とショートカットを使っています
  • perlを使っていますが、特別なモジュールは使っていませんDBI位です
  • Macお使いの方は移植可能です

添付ファイル: filess.png 77件 [詳細] fileat.png 73件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-21 (金) 08:13:10 (98d)