3.5メガ短縮HFHWツエップ作成

短縮コイル(ローディングコイル)のインダクタンスと位置について

アンテナの長さは26mを予定している

さて、コイルの位置を考えると、EFHWツエップは電圧給電ですから、センターでは電流が最大になってしまう。ボトムやトップでは電圧が最大

電圧と電流が丁度バランスの良いところはa math imageの位置になる。これはダイポールならセンターローディングと同じだ。

給電側から20mーコイルー6m、そしてポール。こんな具合がよさそうだ。

アンテナハンドブックによると70%付近が安定すると書かれていた

18.2m コイル 7.8mとなる。計算しやすくするために20m 6mとする


短縮コイル(ローディングコイル)の巻き方

3.5MHzの半波長は43m(短縮率を計算しないで単純に)ですね

これを30mにするには短縮コイルをどの位巻けば良いでしょうか?

単純に43-30=13メートル巻けば良いでしょうか?

計算してみましょう

30mはa math imageとなります

半波長0.5λまで延長したいので残り0.5-0.35=0.15λを延長しなければいけません。

0.35λのリアクタンスは1.4です。(実際は1.4Zo路線インピーダンス)言い換えれば1.4のリアクタンス分を0にするようにインダクタを巻けば良いわけです

仮に路線インピーダンスを400Ω(高く張れない、地上高平均8m位)

XL=1.4x400=560Ω このときのL=a math image

=25.45μFとなります

60φのパイプに24回巻きます長さは52.62mmです。

60φに24回巻くと円周x巻き数で長さが出ます、約9mです。

i.png

インダクタンスの計算


添付ファイル: filei.png 10件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-08 (火) 08:52:47 (12d)