無線工学メモ

無線工学から

このページは1アマ取得の際に必要とする計算式で面倒なものを簡素化するために考案した備忘録的なページです。

合成インピーダンスの求め方

複素数の計算を使えば普通の計算式のように扱える

直列回路

並列回路

ログ計算の簡単な方法

下記の表を覚えておくだけで面倒なログ計算はいらない

電力3dB6dB9dB10dB12dB15dB18dB24dB
倍数2倍4倍8倍10倍16倍32倍64倍128倍
電流電圧電界6dB12dB18dB20dB24dB30dB36dB42db
倍数2倍4倍8倍10倍16倍32倍64倍128倍

詳しい計算方法はログ計算の方法にある。

共振問題

Lが固定で、Cが36%減った時にFはどのくらい変化%するかを問う問題

a math image 25%増加する

共振周波数やLやCを簡単に求める方法

有名な公式a math imageから求めるのが基本だが、 今回のCQ誌にあった簡単な計算方法でも求めることが出来る

C:pF F:μH f:MHz

a math image

共振Q  並列 a math image

     直列 a math image

共振時のZについて

並列  a math image 非常に高いインピーダンスになる

並列  a math image 純抵抗のみの低い数値になる

mufの求め方

muf(到達最大周波数)を求める

公式ではa math imageとなる。

しかし、正割の法則を使えばもっと単純に計算できる。
a math image

muf-1.jpg
上図の場合a math imageは1.67になる。これに発射する周波数Fcを乗算すれば良いだけである。

直接波による通信可能距離

muf2-1.jpg

a math image

例えば同じ標高で障害物が何もない砂漠のような平らな場所に二人がハンディトランシーバーで通話使用とした場合を考えると、地上高約2メートルくらいだから
a math image

空気中の散乱などを考慮に入れないと12kmの通話距離と考えられる。
実際には屈折や散乱などでもっと距離が伸びる。

直接波と反射波による電界強度の計算

muf2-2.jpg
送信アンテナで相対利得G、Pワットで電波を発射したとき最大放射方向の距離dにおける電界強度Eは
a math imageとなります。
これから、A点B点のアンテナ高、波長を入れたときの式は

a math image

となる

相対利得が6dBで地上高25mの送信アンテナに周波数150MHzで25Wの電力を供給して電波を発射したとき、最大放射方向で送受信間の距離が20kmの地点における受信電界強度は?
ただし、受信アンテナの地上高は20mとする

測定器 電源

実効値、平均値、最大値

平均値:a math image\\

実効値:a math image\\

波高率:a math image

テスターの倍率抵抗

r:内部抵抗 n:倍率  電圧計 a math image  電流計 a math image

時定数

RやL、Cの直列回路で直流電圧をかけたときに定常電圧の63.2%になるまでの時間を 時定数という
a math image

トランジスタ回路

回路特性エミッタ接地ベース接地コレクタ接地
入力インピーダンス低い低い高い
出力インピーダンス高い高い低い
電圧利得大きい大きい1以下、ほぼ1
電流利得大きい1より小さい、ほぼ1大きい
電力利得大きいエミッタ接地より小エミッタ接地より小(電流利得は大だが電圧利得が1)
交流信号の位相逆相同相同相
周波数特性あまり良くない良好(ミラー効果なし)良好(ミラー効果なし)

FET回路

回路特性ソース接地ドレイン接地ゲート接地
入力インピーダンス高い高い低い
出力インピーダンス負荷抵抗で決まる負荷抵抗で決まる高い
電圧増幅率1より大きい1より小さい
電流増幅率
位相

添付ファイル: filemuf2-2.jpg 611件 [詳細] filemuf2-1.jpg 638件 [詳細] filemuf-1.jpg 716件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-30 (月) 08:22:14 (3494d)