FrontPage

3.5メガ EFHF 短縮アンテナの作成

下記の手順で予定を立てました

  • 外径48φのPVCのパイプ
  • 外形58φPVCパイプ 防水用

マッチング用インダクタンス

  • 103.4µHと20pFで3.5メガに共振
    コンデンサーは2Vの同軸約20cmを使う予定(カットアンドトライ)
  • 48φパイプに1φのエナメル線密着巻で62巻いて長さ62mm
    実際は68巻いて70mmになりそう
    巻きながら密着度によって判断する

短縮用コイル

  • 60φの樋用の軽いパイプを使用して、密着40回巻きます
    40x60x3.14=735.6mmですので7m36cmの短縮となりますが実際は若干短くなります
    短縮コイルの計算
    3.5メガの半波長は42.8ですがおおよその短縮率0.95で40m
    おおよその目安で40-7.35=36mのエレメント長です
    36mの中心に短縮コイルを入れると想定すると18m付近です。

マッチングボックス(バラン)

HFWFの給電点のインピーダンスは4KΩぐらいと言われています。
これを50Ωにするにはa math image
80分の一にしなければなりません。巻き数比はa math imageですので
仮に68回巻いたとしたらa math image
7.5の位置からタップを出すか、コイルを巻けば良い事になります。

さぁ、これで作成してみます

試験

  • コイルのインダクタンス目安の103.4μになっているか?バリコンを接続しディップメーターでチェック
  • エレメントを張ってエレメントとマッチングボックスの調整(バリコン)
  • バリコンを同軸に付け替える
  • 防水処理
  • 完了

実際の作業

作業しながら

マッチングボックス

1mmのエナメル線を48φパイプに巻いていきます

最初に長さ70mmの所にM3ねじ用の穴を空け、エナメル線の片方を端子で止めます
しっかりと力を入れて密着巻にしていきましたが、60ターン巻いたところでエナメル線も無くなり終端の穴に到着しました。

取り敢えずそこでコイル巻は終わりにして、インダクタンスを計算サイトで計算すると90μHとでました、3.5MHzに共振させるには23pFですから、想定内です。

coil2.jpg

次は給電側のドライブコイルです。先に計算したとおり4000Ωを50Ωに変換するアンアントランスです。60巻の9分の一ですから約6.5回巻きます

線材はIV1.25sqで巻きます


添付ファイル: filecoil2.jpg 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-02 (水) 12:18:01 (18d)