本日(1)  昨日:0 合計:62

ハム活動記/2017-10-02

TDR計の制作と実測結果について

tdr-souchi.jpgsokutei1.jpg

RFワールドの記事はここにあります。PDF3ページOCR編集済み

実測結果

雑誌にはなるべく短めの同軸が良いとありましたが、手元にあった2.5mで実証実験にはいりました。

5DFB同軸2.5メートルを使用して計測した結果は下記の通りです。

混乱

  • 2.5メートルのケーブルでオシロとTDRを繋ぐと波形が出てこない
  • プローブを繋ぐとしっかりと表示される

20cmのケーブルでは波形が出てくるので、それを使っての実証観察です

NON-cable.jpgkaihou-Ein.jpgkaihou-EinP.jpg150-Ein.jpg150ΩEinP.jpg
1、同軸ケーブルを付けないで計測2、同軸ケーブル5DFB2.5m 先端を開放3、同軸ケーブル5DFB 先端に150Ω

プローブで計測(プローブは100MHz)調整済

p-non-cable.jpgp-kaihou-Ein.jpgp-kaihou-EinP.jpgp-150-Ein.jpgp-150-EinP.jpg
4、同軸ケーブルを付けないで計測5、同軸ケーブル5DFB2.5m 先端を開放6、同軸ケーブル5DFB 先端に150Ω

同軸の長さを求めてみる

2,3、の画像で最初の立ち上がりから次の立ち上がりまでが同軸の長さ、次の山が反射波ですので、最初の立ち上がりから次の立ち上がりまでの時間はおおよそ25nSです。

a math image ※0.7は同軸の短縮率

2.5m同軸とほほ一致しました。

同軸の短縮率は同軸ケーブルの短縮率を測定するを参考にして下さい。

SWRを求めてみる

雑誌には定在波比ρがわかればVSWRが求められると書いてあります

150Ωで終端した場合SWRは3になるはずです。反射比から求めてみます

a math imageですので、 a math imageで次式からSWR=3にはなる。

測定した表から求めてみると

a math image ※0.5になればSWR=3になるのだが・・・

a math image 3にならない(:-P。

特性インピーダンスを求めてみる

雑誌にはa math imageとあるので、

a math image  ※これも50Ωにならない。

考察

  • 混乱のところで述べた辺がどうも怪しい・・・アースなどの回路をチェックして再度の測定が必要(2017-10-02)
  • 2017-10-02 アース関係を調べたが異常なし。プローブを使いやすくするために端子出口をケースの外出るように改造した。
  • 2017-10-02 プローブでの検証をしてみた。感度はx10が良い、
    測定値は概ねケーブルと同じであった。TDR測定2に画像を保存。
    プローブの方が感度が40%アップし見やすいので今後はプローブでの測定に統一する。

添付ファイル: filep-non-cable.jpg 15件 [詳細] filep-kaihou-EinP.jpg 17件 [詳細] filep-kaihou-Ein.jpg 21件 [詳細] filep-150-EinP.jpg 16件 [詳細] filep-150-Ein.jpg 18件 [詳細] filesokutei1.jpg 12件 [詳細] filetdr-souchi.jpg 13件 [詳細] filekaihou-EinP.jpg 12件 [詳細] file150-Ein.jpg 14件 [詳細] file150ΩEinP.jpg 16件 [詳細] filekaihou-Ein.jpg 15件 [詳細] fileNON-cable.jpg 17件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-03 (火) 09:26:05 (49d)