[[関数電卓 CasioBasic perl]]
*まず パールでコーディングすると [#wb0ccd10]
 my $cap=10;
 if($cap > 101){
     #べき乗を求める
     my $c=int($cap / 10);		
     my $beki=$cap - $c*10;
 #容量を求める
     my $piko=$c  * 10 ** $beki;
     $micro = $piko * 10 ** (-6);
     print ("** beki=$beki   capacity = $micro μF\n");
     }
     else{ print ("capacity = $cap pF\n");} #101以下はピコで表示

こんな感じ

*CasioBasicでコーディングしてみる [#e3fc10d6]
かけ算は* 割り算は/で表記してある

 "PSE TYIN CAPA"?->F
 If F>100:Then
 int(F / 10)->C
 F-C*10->B
 C*10^B->P
 P*10^(-6)->M
 Loacte 1,4,M
 Locate 8,4,"μF"
 Else
 Loacte 1,4,F
 Locate 8,4,"pF"
 IfEnd

変数は1文字、代入は→、Engはコマンドにない、

&ref(./5800.jpg,70%);



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS