FrontPage

クロスメディアの定義

従来からメディアの制作プロセスと出力は一体のプロセスであって、 出力の要件に合わせて制作プロセスの最適化に努力してきた。
しかし電子メディアの多用化に伴って制作プロセスからコンテンツを独立させて 多様なメディアへの展開をするのに、なるべくシステムや作業の重複を少なくすることが 指向されるようになった。
そういった方法論は、ワンソースマルチユース、ユニファインドパブリッシング その他さまざまな言い方がされたが、メディア制作の世界ではクロスメディアという表現が 2000年頃から 多く使われるようになった コンテンツを独立的に管理して、複数のメディアに展開して複合的に利用することを クロスメディアパブリッシングと定義する

  1. 印刷に伴う負担の軽減
  2. 印刷の納期短縮への要求に応える
  3. 印刷の多品種化の要求に応える (JAGAT資料から)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-04 (土) 09:34:16 (4766d)