肝日記

Counter: 6434, today: 2, yesterday: 1

2006/12/29 (金)

肝日記

本日、ペグイントロンを打ってきました。

気の重い、採血ですが、いつもの看護婦が、なかなか採血できなくて「穴だらけ」になってしまいました(少しオーバー)
まぁ、今年最後だから、我慢していましたけど・・・

病院の待合室で待っている一時って、なぜか「ホットする時間」のように感じるのは、年末のせいでしょうか?
早く帰って仕事を・・・などと考えていた昔の自分より、少しは心の余裕が出てきたのかも。
この調子で2007年も楽しめたらと思っています。

幸せでハッピーな人、病気で苦しんでいる人、そんな事考える暇などない人、いろんな人がいますが、私は病気で苦しみたくないし、そんなに幸せでなくてもいい、しかし、毎日を考える余裕ぐらいは欲しい

では、よいお年をお迎えください

2006/12/28 (木)

肝日記

一日早いですが、ペグイントロンの予定でしたが、急な用事で明日にします。

2006/12/27 (水)

肝日記

おつまみ昆布

羅臼の番屋から「おつまみ昆布」を送ってもらった。
これが旨いのです。うっかりしていると10本位はすぐに食べてしまいますね。

2006/12/26 (火)

肝日記

コマンド+Z

私が使っているPCはマッキントッシュだ、昔からある機能で、やり直しはコマンドキーとZを同時に押すと一つ前の状態に戻る。
大変便利な機能で、ソフトによっては、かなり前まで戻ることができる。
長年、使っているとこの機能も当たり前になってくる、また、現実の世界でも「コマンドZ」で戻ろうと、ついつい考えてしまうことがある。

コマンド+Zで戻れたら、どんなにすばらしいことか?第一失敗はなくなるし、不慮の事故もなくなる。

こんなすばらしい「コマンド+Z」を、実社会でも実現できたら・・・と思う

エイリアス

今、簡単にエイリアスを作成するスクリプトを書いているが、なかなかうまくいかずに困っている。

ふと、エイリアスって何だろうと考えてみた。

まぁ、携帯電話の短縮機能みたいなものだろう。簡単で便利な機能だが、実態の電話番号は覚える必要のないものだ。
だから、携帯を忘れたときに、自分の家の電話番号すら忘れてしまっている事に気がついて、唖然とすることもある。

便利な機能だが、やはり実態があってのエイリアスということを忘れてはならない

aliasとは

2006/12/25 (月)

肝日記

心のこもった年賀状

昔は人の好意など、自分に対する心を測るのには「時間」という単位があった。 年賀状にしても一枚一枚心を込めて書く、おもてなしの料理も時間をかけて作った料理は、店のおいしい味付けの料理よりも尊いだろう。
しかし、現在は、年賀状はメールでやりとりしたり、宛名書きは宛名ソフトで印刷したり、電話一本で出前を調達したりと、なにかと便利な世の中であるが、そこには心がなくなってしまった。

今日、葬式があって弔問してきた、お決まりの会葬御礼の印刷物を見て唖然としてしまった。
文面には丁寧な言葉が並んでいるが、それが一枚の印刷物になると、とたんに文字の綺麗さやバランスが気になってしまう。
不自然な文字の大きさ、並び、位置などだ、昔から伝えられている綺麗な組版ルールなどを無視した、印刷物である。何か違和感を感じた弔問客も多かったのではないだろうか?
葬式なども業者が一括して行うので便利であったが、そこにはやはり「心」が失われていくような気がしてならない

活字(フォント)と組版(ワープロ)はパソコンの普及と高機能化で誰でも使えるようになったが、文字の並びだけでない、美しさや読みやすさを追求した昔からの組版ルールを忘れてはならないだろう。 そこには活字文化300年の歴史と先輩たちの心がある。

そんな心を大切にしたいものである

2006/12/24 (日)

肝日記

障子貼りは得意中の得意です。・・・妻が

DSCF1716.JPG
DSCF1717.JPG
DSCF1718.JPG
DSCF1719.JPG

和室も明るくなって、正月がいつ来ても良い

障子は、結構優れもって事を再発見した。カーテンのように閉めれば暗くなることもないし、なによりも癒し効果がありそうだ。

障子に写る影の形や、障子紙の柄の風情がまたいい
そして、古くなったり汚れた場合の張り替えなども手頃だし・・・

2006/12/23 (土)

肝日記

クリスマスパーティー

中国料理店で宴会料理の予定ですが・・・
まぁ、回収金の一部を食事券でいただいたので、どんな料理が出てくるのか楽しみです

ウニ入りの卵スープがおいしかったですね。

まぁ、のんびり食事をして、世間話と食事で3時間ほど楽しみました。

2006/12/22 (金)

肝日記

73回目のペグイントロン

問題なくINFを打ってきました。

12月1日に打ってもらった後、39.4度の高熱が出たことを話したら、 やはり、注射の時の出血で、血管に少し入ったのではないか?
との事であった。
かなり強い薬だから、注意してほしいものだ。

さて、仕事もかなり片づいてきた。まぁ、制作部は来年納めの仕事に入ってきたが、印刷部は年内仕上げのチラシが多少と組合の機関誌ページが残っているが、なんとか見通しがついてきた。
ヤレヤレです。

我が家の花壇も冬支度

寒さが厳しくなると、花壇の土が霜柱で壊れてしまいます。西側にあるので、朝日は当たらず、霜柱は昼頃まで消えません。
苦肉の策で、ワラをかぶせました。
風で飛ばされないように、何とか考えないと・・・・・

2006/12/19 (火)

肝日記

年末年始のチラシ開始

本日からチラシモードです。

まぁ、一昔前のような徹夜で印刷って事はないけど、新聞販売店の締め切りが早くなった分、忙しい
しかし、25日過ぎは暇になります。

ゆっくりと年の瀬の整理整頓清掃をしようかと思っています。

年末年始のペグリバ

29日と1月5日だから心配いらないですね

2006/12/15 (金)

肝日記

72回目のペグイントロン

今回は主治医の所で打ってきました、先日のCT検査の結果も良かったので、まずは一安心です。

脂肪肝を何とかしなくっちゃ :)P

2006/12/12 (火)

肝日記

CT検査

昨日CTの検査へ行ってきました。
造影剤を血管から注入したとき「ポカポカ」身体が熱くなる、あの感じは何とも気味が悪いものです。

何もなければ良いのですが・・・

2006/12/11 (月)

肝日記

中央病院でCTの検査日です。

2006/12/9 (土)

肝日記

お陰で

昨夜は、大変な思いをしましたが。今朝はいたって元気になりました。

少し、頭痛がしますが、ロキソニンを飲んで、適当に仕事しています。

2006/12/8 (金)

肝日記

71回目のペグイントロン

夕方5時頃にペグイントロンを近所のクリニックで打ちました。
いつもと変わらずですが、注射針の中に少し出血したようでした。

6時頃、急にふるえが来て、仕事などしていられなくなりました、 急いで自宅へ戻って布団のなかへ潜り込みました。体にチカラを入れるとガタガタとふるえが来ます、 チカラを抜くと震えは止まるのですが、寒気で、ついついチカラを入れてしまいます。
そんな事が小一時間続きました、熱を測ったところ、なんと39.2度ありました。

先週のインフルエンザ予防注射が原因か?ペグイントロンが原因か?

よくわからん・・・・

2006/12/7 (木)

肝日記

多忙につき・・・

まぁ、年末ってのはする事が多いもので、頭の中がぐるぐる回っています。

2006/12/3 (日)

肝日記

美味小屋(うまごや)のカツ

みそカツが美味しいという話しを聞いてさっそく3人で出かけた。
私はみそカツ、妻は牡蠣フライ、息子は沖縄のアグー豚カツだ。
アグーは岩塩で食べる。香りがあってとても美味しい肉だった。

みそカツは食べやすく一口大に切ってあり、甘みのある味噌とカツのハーモニーが最高でした。

牡蠣フライは大きくて、濃厚な味がたまりませんでした。

また、行こう

P1000002.JPG
P1000003.JPG
みそカツの写真牡蠣フライの写真です

2006/12/1 (金)

肝日記

70回目のペグイントロン

いよいよ70回目になりました。近所のクリニックで打ってきますが、 最近は風邪の患者が多いのでマスクは必需品です。
困ったもので、ゴホンゴホンと咳をしている人ほどマスクはしていないですね。

私の所では、業務用のマスクを使っています。沢山入っていて、使い捨てで、安い商品です。
今年もやっかいになりそうです。

インフルエンザの予防注射もそろそろしておかないと・・・

ロト

昨日のロト6、惨敗でした。
まぁ、運は天に任せてという心境ですが・・・

しかし、当選者が7人もいましたね。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-01 (火) 08:17:10 (3610d)