資料室

Counter: 7123, today: 2, yesterday: 0

G4〜G5(2006.12.07)

G4グラファイトの不具合

G4グラファイトの不具合を最近よく耳にします。

当サイトの「MACが起動しない」というページを見る方がベスト5に入ってきています。

G4グラファイトが発売後5年を迎えていますが、ハードディスク不良などの障害の連絡(光文堂角田氏、日新電子の福与氏からの連絡)が入ってきています。
そういえば当社でもMacPPC433MhzのG4グラファイトは時々動作が不安定になります。

息子の雅君が常時使用しているG4グラファイトの現象

  • イラレ作業中、配置する画像のアリ場所を覚えていてくれない。→再起動すると直る
    占有メモリーを増やすなどの対策(既に80メガを割り当てていましたので、これ以上増やせません)
  • スクロールが極端に遅くなる。→再起動すると直る。
     メモリー割り当てを増やす。
     ハードディスクの整理、デフラグの解消が必要
  • 日本語変換時にハングする。→ハードディスクの不調、デフラグの解消
  • 通常使用しているソフトが起動しない。
    ディスクトップの再構築(起動時にコマンド+オプション)の必要性
  • ドロップアンドドラッグの動きに違和感がある。
    ディスクトップの再構築(起動時にコマンド+オプション)の必要性
  • 起動に時間がかかる
    ディスクトップの再構築(起動時にコマンド+オプション)の必要性

当社での解決策

  1. 重要なファイルは他へ複写しておく
    (システム丸ごと外付けHDへコピーします。この時OSXのディスクユーティリティを使用して月に2度ほど、週末に行っています)
  2. DiskWorior(ディスクウォーリア)をかけて修復します。約30分かかりますが、大体がこれでOK
  3. ノートンのスピードディスクでデフラグの掃除
    (特にOSXとOS9混在のシステムの場合、ノートンの修復はさせないことが重要
    ノートンのディスクドクターでは壊れる危険性がある。)
  4. 起動時にコマンド+オプションにてディスクトップの再構築をする。

まぁ、これで約半月は大丈夫かな。(経験的ですが・・・)

また、DTP作業では、ハードディスクの空き領域は5ギガ以下にならないように常に整理整頓を心がけています
少ない場合プリント中、大変な時間がかかってしまったり、エラーで印刷できなかったりします
また、PhotoShopで画像を扱うときにハングしたりします

ハードディスクはこまめにバックアップしましょう。

年末の急ぎの仕事の時ほど不具合は頭に来ます。こんな時だからこそ、バックアップは必須。
「転ばぬ先のバックアップ」です。

今、DTPで使っている大切なMACが壊れたらどうしますか?

ハードディスクのヘッドが落ちてしまって復旧不可の場合。

新しいMacを購入→
 IntelMacしかない、→
  OS9が動かない→
   新しいソフトとフォントを購入→
    慣れるまでに時間がかかる

個人差がありますが、約1〜2週間ほどかかります。

ハードディスクを交換(バックアップを取っていない場合)

システム入れ替え→ソフトインストール後起動確認、(約2日ぐらいかかる
取りあえず使えるが、今までのデーターが紛失
データー復旧は絶望的。

●ハードディスクを交換(バックアップを取っている)

CDで立ち上げて、ディスクユーティリティで復旧
バックアップを取った時に完全復旧(約2時間)

まぁ、通常ですと同じシステムで動く機械を複数台持っているので、 その中で「一台が壊れてもどうって事無い」と思っているオーナーさんも多いと思いますが、 そのままコピーして使えるほど甘いものじゃないですね。
復旧にかかる時間と労力は大変です。

今の山梨の現状ではメーカーなどMacがわかる専門家がいません。
昔は土井グラとか・・・が簡単に来てくれたのですが、到底無理な話です。

G5格闘記


先日MacG5 PPCでOS9が起動するものを購入しました。既にアップルストアなどでは販売終了したもので稀少品です。
光文堂が1台入手できそうとの情報に早速飛びついたわけです。
2.7GHzのスピードで冷却は水冷方式のため本当に静かです。

OSXの環境へはInDesignCS2、IllustratorCS2、PhotoShopCS2、ATOK2004、MacroMediaFlushMX、DirectorMX、GoLiveCS、AdobeAcrobat(Ver8)など常時使うソフトをインストールした。
また、収集手助けや保存手助けはOSXに対応したので無理なく動作します。
開発用としてRealBasicもすんなりコピーできました。認証も問題ありませんでした。
しかしpLaTeX2eのインストールに関しては、libpngなどの問題で足踏み状態です。

どのソフトもOS10.4に最適化してあるためか大変スムーズに動きます。

Adobeのソフトは認証が厳しくなっていて、特にプレミアムパックは格安ですが1台にのみインストール可能です
私の所は、プレミアムでないので2台までインストールができます。
その辺の事も考えてソフトのバージョンアップをした方が賢明だと思います。

さて、クラシック環境へのソフトのインストールですが、OS9のインストーラーでインストールするのですが、終了後「再起動」ボタンを押すと何故かハングアップしてしまいます。
「続行」か「終了」ボタンを押さなければいけませんでした。

また、イラレ8インストール後イラレ8.01へのバージョンアップでは、ネットからアップデーターをもってきてインストールするのですが最後で失敗してしまい成功しません。
仕方ないので、現在使っているイラレ8.01のアプリをコピーしました。
動作確認後異常はありませんでした。

また、Peaksというサウンド編集用ソフトですがVer2.55のものは動きましたがそれ以下のものはクラシック対応していませんでした。
幸い2.55にバージョンアップしたものを使いました。

StreamLine3.0はアプリのホルダーごとG5へコピーしました、初期設定ホルダーのAdobeStreamLine.prefも一緒にコピーするとパスワードなどを入れる必要がなくて使えます。
Ver4もあるのですが、ドロップでの起動が出来ません。「ファイル→開く」しか方法はないようです。
AdobeでもStreamLineは販売中止になってOSXのものはありません。

VirtualPC Ver6をインストールを試みましたが、10.4には対応していませんでした。

コピー上の注意

コピーしたときにパーミッションの問題で他のユーザーが触れないという問題も発生します。
この場合、そのホルダーを情報を見る→所有者をunknowにする、グループやその他のユーザーも「読み書き」に変更します。包括したもの全てを変更する。

これで、一応OKですが、もしネットなどで共有していたなら、読み書き・読み込み・読み込みにする必要があります。(755)です。

実際に業務で稼働

業務に使用してみて、クラシック環境で、イラレ8は違和感も感じられずにスムーズに動きます。しかし、フィルターなどインストール忘れもあり、1時間ほど思わぬ時間を取られてしまいました。

また、クラシック環境設定で、「ホームからクラシック環境を設定する」にチェックを入れ忘れていたせいか、ATOK動作の遅延が感じられたが、チェックする事で遅延がなくなった。

あらかじめ印刷PPDの設定などを行っていたので、仕上がったものをセッターに出力したりレーザーでの出力でも今のところ問題は発生していない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-07 (木) 20:19:37 (4390d)