Counter: 5801, today: 7, yesterday: 0
最終更新日:2006-02-01 (水) 12:44:27

LaserPrinter検証

目次

普通紙印刷 比較

オリジナルゼロックスC3540リコーIPCIO CX8800
color001.jpgc3540.jpgcx8800.jpg
オリジナルXerox C3540
オリジナルとほとんど同じだがKが少し強い
全体的に重い、透明感に不安あり
Recho c8800
若干マゼンタが弱い
全体的に軽め
対策propaty.jpg
このようにスミ版のみを減らした
これでハイライト〜シャドウ部が若干明るくなった
詳しくはLaserPrinterの色調整を見て下さい
本体側から階調補正を行う
階調補正値設定シートが見あたらないので次回に設定する。
まぁ自分で設定すれば今後の対応のきめ細かくできる
詳しくはLaserPrinterの色調整を見て下さい

厚紙印刷 比較

オリジナルゼロックスC3540リコーIPCIO CX8800
org.jpgc3540_atu.jpgcx8800_atu.jpg
オリジナルC3540
シアンが高め、
イエローが低めだ
ハイライトが高めで全体的に重たい感じ
CX8800
CMYKともに低めのため10%はもう表現ができない
ハイライトが飛んでしまった

比較

ゼロックスC3540について

  • 厚紙2で印刷しないと、色のバランスが壊れます、注意が必要。
  • 価格45〜60万円
  • 印刷モードが細かく設定できる
  • プロファイルは付属
  • 厚紙で印刷した場合、用紙の曲がりが気になる。
  • 階調補正はハイライト・ミドル・シャドー各CMYKで変更できる。
  • 用紙を間違えたとき、本体側で修正できない。クリア後に再度印刷をするか、トレイを交換する必要がある ちょっと面倒くさい。
  • 排出先が1カ所のみであるので、厚紙印刷には不向きな気がする。

リコーCX8800について

普通紙で印刷した場合、ゼロックスと比べて5〜10%程軽めに印刷される。 まぁ事務用で使う分には十分だろう。
ただ、厚紙の設定では「厚紙」項目が一ケしかなく、ゼロックスにくらべ2割ほど軽(薄く)印刷される。
本体側で厚紙1〜4まであるが、色々と試したが印刷濃度に反映されないようだ。
また、階調補正機能もあるが、階調補正値シートが手元になくて設定が出来ない。どうなっているのか?
マニュアルを読んだが、わかりずらい・・・ [sad]
イラストなどについては、それなりに見えるのだが、人物写真ではちょっとおすすめできない。

  • 価  格:両面ユニット+専用台がついて32万円
  • スピード:ゼロックスと同等、
  • プロファイルはネットからダウンロード Win, OS9用 OSX用はない
  • 本体で用紙のセットを切り替えることが出来る。この機能は超便利だ
  • 厚紙で印刷しても用紙の曲がりが気にならない。
  • 排出先が2カ所ある。厚紙の場合左トレイに排出できるのが強みだ、ただし厚紙にすると印刷濃度が落ちるのが欠点だ
    ~
    --------------------
    

添付ファイル: filepropaty.jpg 1406件 [詳細] fileorg.jpg 1450件 [詳細] filecx8800_atu.jpg 1379件 [詳細] filec3540_atu.jpg 1214件 [詳細] filec3540.jpg 1453件 [詳細] filecx8800.jpg 1365件 [詳細] filecolor001.jpg 1272件 [詳細] fileprint001.jpg 898件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-07 (月) 08:06:29 (4184d)