[[Adobe JavaScriptで自動化]]
 
 こんなデザインは見かけませんね。本当に面倒くさいからです。~
 JavaScriptを使えば一瞬です。
 
 
 &ref(./pic1.png,50%);
 
  var selObj = activeDocument.selection;	//選択しているオブジェクト
  var docType=selObj[0].kind;				//選択オブジェクトの種類
  if(docType == "TextType.POINTTEXT"){
  	var str = selObj[0].lines[0].contents;	//テキストの内容
  	//var str = "文字列に沿って自動的に配置されます。手作業ではかんたんそうで面倒な処理です";
  	var r = 10;				//半径
  	var rd = 4;				//螺旋半径の加算値
  	var fSize = 4;			//文字サイズの初期値
  	var fd = 1;				//文字サイズの拡大値
  	var maxRot = 720;	//何回転するか
  	var docObj = activeDocument;
  	for (var i=0;  i<str.length; i++){
  		var n = (i  * (maxRot / str.length)) * Math.PI / 180;
  		var x = Math.sin(n) * r;
  		var y = Math.cos(n) * r;
  		r = r + rd;
  		var txtObj = docObj.textFrames.add();
  		txtObj.contents = str.charAt(i);
  		txtObj.textRange.characters[0].size = fSize;
  		txtObj.translate(x,y);
  		fSize = fSize + fd;
  		}
  	}
  	else{
  		alert("選択文字はポイントテキストだけです");
  	}
  //

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS