Emacsについて記述したページです
 
 &ref(emacs.png);
 
 #contents
 
 *はじめに [#je8e735b]
 コンピュータープログラミングは、今も昔もキーボードから文字を打つのが主流です。
 もっと早く、もっと簡単に、効率よく文字入力を・・・そして間違いを簡単に見つけたい。一発変換したい。すぐにコンパイル実行したい。そんな要求を追求したエディタがこのemacsです。
 
 emacsはついこの前まではunix上でしか動きませんでしたが、MacOSXがunix対応したためにMac操作風でいてキーボード入力のemacsが登場しました。
 
 私も時々使ってはいますが、まだ慣れていません。しかしその多機能性には驚いています。
 
 *インストールしてみよう [#f04aff64]
 MacOS10.3.7以上ならここからダウンロードしてインストールしてみよう~
 [[CarbonEmacsサイト:http://home.att.ne.jp/alpha/z123/emacs-mac-j.html]]
 
 *使ってみよう [#o6e606e5]
 -コントロールキーとxを同時に押す C_x と表記します。
 -さらにcのみを押す場合 C_x c と表記します
 
 では起動後 C_h t  コントロールキー+hを押した後tを押します。
 するとチュートリアルが表示されるはずです。一通りチュートリアルをやってみてください。30分くらいです。
 
 さあこれで、あなたもemacs使いです。
 
 *ショートカット [#z0be6a6a]
 CはControlキー(鉛筆キー)、MはMetaキー(ESCキー、設定によりCommandキー、optionキー、などにできます)、<RET>はリターンキー、<SPC>はスペースキーの意味です。
 
 **ファイル [#xbed9c3a]
 |新規作成|C-x C-f(作成ファイル名入力)|
 |開く|C-x C-f(ファイル名入力)|
 |閉じる|C-x k(閉じないかぎり開いたまま)|
 |ファイル切り替え|C-x b(正確ではない、bufferの切り替え)|
 |開いてるファイル一覧|C-x C-b(正確ではない、bufferの一覧)|
 |同じフォルダのテキスト|C-x C-d(M-x diredと同じ)|
 |保存|C-x C-s|
 |別名で保存|C-x C-w|
 |コマンド停止|C-g(コマンドを間違えた場合等)|
 |emacsの一時停止|C-z|
 |終了|C-x C-c|
 
 **編集 [#bdc32edc]
 |マーク|C-<SPC>もしくはC-@|
 |アンドゥー|C-x u または C-/,C-_|
 |カット|C-w|
 |コピー|M-w|
 |ペースト(ヤンク)|C-y(ペーストっていわないでヤンク)|
 |ヤンクポップ|M-y (以前にコピーした物をヤンク)|
 |全て選択|C-x h|
 |1文字前削除|DEL|
 |カーソル選択文字削除|C-d|
 |カーソル位置から一単語削除|M-d|
 |カーソル位置から行末まで削除|C-k|
 |選択部分をインデント|M-C-?|
 |文字コード変換|C-x<RET>f|
 
 **移動・ジャンプ [#fbd23e20]
 |右へ移動|C-f(forward)|
 |左へ移動|C-b(backward)|
 |下へ移動|C-n(next)|
 |上へ移動|C-p(previous)|
 |選択行を画面中心へ|C-l(エル、本当は画面再描画)|
 |一画面下へ|C-v|
 |一画面上へ|M-v|
 |行頭へ|C-a|
 |行末へ|C-e|
 |前区切りへ|M-a(英語はピリオド、日本語は。が区切り)|
 |次区切りへ|M-e(英語はピリオド、日本語は。が区切り)|
 |文頭へ|M-<(Shiftを押しながらになる)|
 |文末へ|M->(Shiftを押しながらになる)|
 |指定行に移動|M-x goto-line<RET>行番号|
 |指定分繰り返す|C-u数字コマンド(C-u 8 C-nで8行移動)|
 
 **検索 [#v0612c0b]
 |順方向逐次検索|C-s(文字を打つごとに文字先頭検索)|
 |逆方向逐次検索|C-r(文字を打つごとに文字後方検索)|
 |順方向単純検索|C-s<RET>検索文字列(文字列で検索)|
 |逆方向単純検索|C-r<RET>検索文字列(文字列で検索)|
 |順方向単語検索|C-s<RET>C-w検索単語(単語で検索)|
 |逆方向単語検索|C-r<RET>C-w検索単語(単語で検索)|
 |正規表現による順方向検索|M-C-s|
 |正規表現による逆方向検索|M-C-r|
 |順に次を検索|検索中にC-s|
 |逆に次を検索|検索中にC-r|
 
 **置換 [#pdefa838]
 |選択部分の大文字を小文字に置換|C-x C-u|
 |選択部分の小文字を大文字に置換|C-x C-l (エル)|
 |カーソルから一単語大文字を小文字に置換|M-u|
 |カーソルから一単語の小文字を大文字に置換|M-l (エル)|
 |カーソルの直前文字を直後に移動|C-t|
 |カーソルの直後文字を直前に移動|M-t|
 |確認置換|M-%<RET>置換前<RET>置換後<RET>|
 |確認正規表現置換|C-M-%<RET>置換前<RET>置換後<RET>|
 |無確認置換|M-x replace-string<RET>置換前<RET>置換後<RET>|
 |確認正規表現置換|M-x replace-regexp<RET>置換前<RET>置換後<RET>|
 
 **ウィンドウ [#t213835f]
 |上下に分割|C-x 2|
 |左右に分割|C-x 3|
 |選択画面のみ表示|C-x 1|
 |選択画面を消す|C-x 0(ゼロです)|
 |画面移動|C-x o(オーです)|
 |新規ウィンドウ作成|C-x 5 2|
 |選択ウィンドウのみ|C-x 5 0(ゼロで)|
 |画面再描画|C-l(エル、まれに画面が変になるので)|
 
 **そのほか [#pf07fbf4]
 |選択フォルダ内容を表示|M-x dired<RET>|
 |フォルダ間の移動|M-x cd<RET>移動先入力<RET>|
 
 **ヘルプ [#g9a1036e]
 |チュートリアル|C-h t|
 |コマンドリスト|C-h a|
 |キー割当て表|C-h b|
 |キーに対するコマンド|C-h c(キーを押す)|
 |キーに対するコマンド(詳細版)|C-h k(キーを押す)|
 |現在動作しているメジャーモード情報|C-h m|
 |elisp変数説明|C-h v|
 |elisp関数説明|C-h f|
 |info内の文字列検索|C-h C-k|
 |info内の関数説明検索|C-h C-f|
 |入力文字履歴100文字分|C-h l|
 |項目から説明を見つける|C-h p|
 |Emacsの変更履歴文書|C-h n|
 |GNU GENERAL PUBLIC LICENS ver2表示|C-h C-c|
 |Emacs新バージョン入手法に関して|C-h C-d|
 |GNUプロジェクトに関して|C-h C-p|
 |チュートリアル|C-h t|
 
 
 *Emacs正規表現 [#c40cd592]
 |. (ピリオド)|改行以外の任意の一文字|
 |*|直前の正規表現の0回以上の繰り返し|
 |+|直前の正規表現の1回以上の繰り返し|
 |?|直前の正規表現の0or1回以上の繰り返し|
 |[文字集合]|文字集合のいずれか一文字|
 |[^文字集合]|文字集合以外のいずれか一文字|
 |^|行頭|
 |$|行末|
 |¥|特殊文字のエスケープ|
 
 
 
 *注意 [#r58c2773]
 emacsで保存する日本語の文字コードはEUCです。ですからSHIFT_JISコードテキストに張り込むときには注意してください。
 Jeditなどでは対応しています。
 
 
 *関連サイト [#x6f5f16c]
 -[[WithEmacs:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ysk-net/WithEmacs/]]
 -ちょっと古いけど[[ビギナーのためのEmacs:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Emacs-Beginner-HOWTO.html#toc1]]
 -[[Emacs21 on Mac入門から中毒まで:http://sakito.s2.xrea.com/detail/emacs/emacs21.html]]
 
 *コメント [#h4ffbc2c]
 #pcomment
 //#pcomment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS