ハム活動記

割り勘ソフト 関数電卓で

いやーっ!参ったよ。酔ったところで割り勘の計算。会計の私にはチョットムリ。
飲んだ人には少し負担増にして、飲まなかった人はそれなりに・・・

これを計算なんて・・・ほろ酔いの私には少々荷が重い

そこで

関数電卓に「WARIKAN」プログラムをコーディングしてみた

"DAIKIN"?->D   //66950
"KAIHI"?->K    //5000+税10%で5500円
"NINZUU"?->N   //10人
"SAKE"?->S     //5人
"SAKE %"->P    //70%
P/100->W       //70->0.7
(D-(K*N))->F   //

(F*W/S)+K->T
Locate 1,4,T

While 1
"CYOSEI"?->G
If G=0
Then Return
IfEnd

(D-G*S)/(N-S)->H
Locate 1,2,G
Locate 9,2,H
whileEnd

こんな感じ

img.jpg

最初の計算 飲んだ人の割り勘金額は、7,373円 ハンパが出るので調整するとこの金額に

酒飲み=7200円(1700円が飲み代、生ビール2杯分) 飲まなかった人=6200円(ソフトドリンク700円が飲み代)


細かい釣り銭も面倒くさいので、酒飲み7,000円、飲まなかった人は6,200にしました。
余りの50円は、駐車場支払の足しに・・・・

そんなわけで、今回も無事に終了しました。

その前に

実際 式が正しいかのテストではperlでコーディング

use strict;

my $daikin;  %飲み屋の請求金額
my $kaihi;   %会費(税込みでも税抜きでもOK)
my $ninzuu;  %参加人数
my $nomi;    %酒飲み人数
my $nomi_wariai;  %酒飲みの酒代割合 7割なら70と%抜きで
my $nomi_kin;
my $nomi_kin2;
my $nomanai;

print "請求代金? > ";
$daikin = <stdin>;
chomp($daikin);  %余分な改行を削除

print("会費は? > ");
$kaihi = <stdin>;
chomp($kaihi);

print("割り勘人数は? > ");
$ninzuu = <stdin>;
chomp($ninzuu);

print("酒代請求人数? > ");
$nomi = <stdin>;
chomp($nomi);

print("酒飲み割合%? > ");
$nomi_wariai = <stdin>;
chomp($nomi_wariai);

$nomi_wariai = $nomi_wariai / 100;  #%から実数へ
my $fusoku = $daikin - ($kaihi * $ninzuu);
print("不足分は$fusoku\n");
my $nomi_daikin = ($fusoku * $nomi_wariai / $nomi)+$kaihi;
print("取り敢えず酒飲みの代金は$nomi_daikin です。\n");

while(1){
	print("\n調整します 酒飲み金額? > ");
	$nomi_kin = <stdin>;
	chomp($nomi_kin);
	if($nomi_kin eq "0"){last;}  %終了は0
	$nomi_kin2=$nomi_kin;
	$nomanai = ($daikin - ($nomi_kin * $nomi)) / ($ninzuu - $nomi);
	print ("酒飲み $nomi 人 $nomi_kin   飲まない $nomanai \n");
}
my $nomanai_nin = $ninzuu - $nomi;
my $total = ($nomi_kin2 * $nomi) + ($nomanai * $nomanai_nin);
print("合計は $total です\n")

添付ファイル: fileimg.jpg 52件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-31 (火) 09:17:01