ハム活動記

きょうは

久しぶりに

CWのネタです。

TS990のCW トーンとNR1・NR2

私は600〜650Hzで聞いている、ゼロインが100ヘルツずれると500Hz、700ヘルツになる。

500ヘルツの場合、スピーカが震える、低音用のスピーカーが欲しくなるが・・・

いままで、IC7700でCWをやっていたがこんな事を感じたことがない、やはりケンウッドの音は素晴らしい事でしょうか?

マニュアルにはCWの場合はNR2を推奨と書かれているが、場合によってはNR1の方が聞きやすいことがあるのを発見した。
どんな場合かは未だ不明だが、弱い局の場合は交互に切り替えて聞きやすい方で運用している。

それから 周波数で解るリグ

  • JUSTの周波数で運用している局は比較的新しいリグを使っている局が多い
  • ハンパな周波数なら古いリグ
    FT101なんかで出ている局も多いので、昔のリグの話をするならハンパな周波数でCQを出しているOMさんをコールするのもFB。

そして 交信内容で解る年代

  • 早めにファイナルを送ってくる局は、かなり年配者
  • 話したがり屋さんは、60代後半〜70代前半
  • まじめな交信で気配りが感じられる、60代前半(私です)
  • 時々Y談なら50代(MEさん、RYさん)
  • 相手のことを考えず、自分だけ喋る、年配者又は昔の教育者
  • 少し控えめな40代
  • 20代から30代は、不明・・・

私の思い込みかな


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 14:02:43 (1845d)