印刷関連

活字の高さ

23.45mm

日本においても活字の高さは一定せず、0.918~0.925インチの間でまちまちである。
しかしJISでは0.923インチに近い23.45mmと決めているが、
活字の高さは母型の深さと鋳型の寸法に関係するので統一は容易ではない。

大手印刷企業の一部では0.918インチ(23.32mm)を採用し、
自家鋳造で自社規格の活字寸法で使っている。
その他は高さが一定せず0.922~0.927インチの範囲内で使われていたが、
活字販売会社は標準的な高さを採用しても、ユーザー各社の寸法に対応しきれない。

  • トムソン刃の高さ 23.6mm
  • メタルベースの高さ 22.4mm
  • 亜鉛凸版の高さ 1.5mm
  • 型押し用真鍮凹版 1.6mm 2.0mm 3.2mm

エンボス作業の基準値

当社の基準はトムソン刃の高さ23.6mmに合わせる。

このために凹版を組み付けるメタルベースの高さを削った物を用意してある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-06 (木) 08:58:38 (75d)