ソフト

Counter: 2222, today: 2, yesterday: 0

MakeQSLというソフト

ADIFデータさえあれば、ネットを経由するだけでキレイなQSLカード用PDFが自動的に出来ちゃいます。

QSLcard.jpgこの写真の上の画像はメイン画像、そして下にある自局のコールサインが自局情報です、
自局情報は画像でもテキストでも良い、テキストの場合はADIFのヘッダーに入れます
画像の場合はmakeQSLで指示します・

使い方

用意するもの

  • 印刷するADIFデータを用意
  • メインとなる画像を用意(下の方に、サンプル画像のダウンロード可能)
  • 自局の内容を画像としたものを用意しますが、用意できない方はADIFデータの<eoh>の前に、下記のデータを作成する事で、文字による自局が表現できます。

ADIFファイルを開き<eoh>の前に下記文字列をコピペし、編集してください。

  • <HD_MYCALL:6>:CALL SIGNは自分の局名です、6は文字数を示す 以下同じ
  • <HD_OP:9>:CWやられる方は、ニックネイム 氏名
  • <HD_Line1〜Line4:コールサインの下に4行の文字列が指示できます。適当に

<HD_MYCALL:がなければ、自局名は印刷されません、空白になる筈です。(未検証)

文字には¥やバックスラッシュを入れてはいけません。~や@はOKです

<HD_MYCALL:6>JR1GDY
<HD_OP:9>YUZO 伊東祐三
<HD_Line1:30>Kofu-city,Yamanashi-pref,JAPAN
<HD_Line2:14>○○県○○市大阪城天守閣599
<HD_Line3:21>Email:CallSign@jarl.com
<HD_Line4:33>URL: http://print-man.jp/~jr1gdy/wiki/
<HD_GL:6>PM95GP
<HD_JCC:6>9999
<HD_CQZONE:2>25
<HD_ITU:2>45
<HD_JCG:0>
<eoh> この印のまえに上のタグを編集して入れる

index1.jpg

  • メイルアドレス等を入れます
  • メイン画像を選択指示 選択無ければ画像は印刷されません、その場合、レイアウトは自動的に修正されます。
  • ADIFデータファイルを指示
  • 自局データは、画像なら画像ファイルを指示、画像でなければ、そのままですが、ADIFのヘッダーの指示に従います。
  • Rmks文を適当に入れます。 まだ、マクロ置換は未装着
  • 作成ボタン
  • 完了ウインドウが出てきたら、PDFダウンロードをクリックするとQSLカードが出来上がります。
  • 同じ文章がメイルで送られます。

このシステムは試用版であり、不具合が発生する場合があります、直ぐに閉鎖するかもしれません。

マクロ置換機能

たとえば%QRAという文字は、相手局のQRAに置換させる機能です、

  • %QRA 名前
  • %JCC JCCコード
  • %PWR Powsr
  • %RIG リグ
  • %ANT アンテナ
  • %MYCALL 自局のコールサイン
  • %UR-RST 信号強度

メイン画像のダウンロード

画像の仕様

  • 画像の大きさ 82x45mm
  • 解像度 240dpi
  • 色 CYMK(印刷用にしています)
  • 画像形式 jpg
  • ダウンロードは下記を↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
    ダウンロード ZIP形式

仕上がったPDFについて

出来上がったQSLカードはPDF形式でページ数はデーター数あります。

高精度の印刷にも耐えられるような品質となっています、レーザープリンター・インクジェットプリンター等で印刷可能です。


添付ファイル: fileindex1.jpg 748件 [詳細] fileQSLcard.jpg 783件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-16 (水) 17:27:25 (2861d)