FrontPage

QSL交信証明書について

今まで交信した局にはQSLカードを送っていましたが、JARLの加入割合も少なくなってきました。

JARL会員以外にも、知らず知らずに送ってしまい、処分されたカードは相当数あると思います。

聞くところによるとJARLでは一月に二万枚以上処分するようです。

それでは、QSLカードはメイルで送ったらどうか?

  • JARL会員で転送指定を設定している局にはメールで送ります。
  • 転送指定が無く会員の局には今までのようにビューローで送ります
  • 会員以外でメルアドが判明している局にはメールで送ります

会員以外でQSLカード希望の局は私宛に空メールいただければメイルで送れる訳です

PDFで送るわけ

PDFは文字化けや体裁崩れの心配も無く安全に送れます、そして、作り方さえ間違わなければ綺麗に印刷も出来ます。

私のPDFは高画像にしていますので、印刷しても綺麗に仕上がります。

取得した個人のメイルアドレス扱いについて

いつかはJARLも破綻するかも知れません。そんな時、eQSLなどのネットを使ってQSL交換も必要になってくるかも知れません。

コールサインとメルアドのデータベースをセキュアに公開すれば私以外の局にも有効に使ってもらえるかも知れません。

JARL転送メイル

JARLでは会員のために転送メールの設定も出来ます。

便利な機能なので有効に使わせていただいています。

未だ登録していない局は是非登録したら便利です

それで、JARLはもう一歩踏み込んで、転送会員だけでも登録したらどうでしょうか?

それも格安で・・・

時代の波には逆らえません、QSLもソロソロ電子化の波がすぐそこまで来ています。

QSLビューローとしてのJARLの約割が無くなった日が、JARLの消滅の日です


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-14 (水) 19:33:41 (9d)