DTP関連

postの仕様

ソースコードの場所

/Users/yuzo/Developer/source/perl/post-number

Shellを使って起動させている。シェルの内容は↓

#!/bin/sh
# ここから処理を記述します.

echo "********** start ********** shell"
cd /Users/yuzo/Developer/source/perl/post-number
perl post.pl $1 $2 $3
echo "********** end   ********** shell"
exit

shellを使わないときは

cd /Users/yuzo/Developer/source/perl/post-number
perl post.pl
Tyin> *  *だけ入れる

cdするのは、SQL動作時に不安定になるので、そのディレクトリの中で作業する

オプションについて

Usage : post [option 全国 P=2 l=0]
option *
    初期県名:これを主に検索する 全国から
    クリップボード
       p=0       Not Copy
       p=1       1line only
       p=2       all copy  default
    表示範囲
      l=0       県名〜表示 default
      l=1       市名〜表示

使い方

検索のヒント

↓カンマが使える

Tyin> 400-0049 4-3-38,伊東ビル
400-0049,山梨県甲府市富竹4-3-38,伊東ビル

↓カンマ使えない (カッコ等で  次回修正予定Ver4以上

Tyin> 富竹 4-3-38(伊東ビル)
400-0049,山梨県甲府市富竹4-3-38(伊東ビル)
381-0006,長野県長野市富竹4-3-38(伊東ビル)

検索のコツ

ファイルから一括して読ませる場合

例えば、a.txtに

# 山梨県から検索 表示は市から 先頭が#で始まる行はコメント
* 山梨県 l=1
400-0049 4-3-38
400-0047 4-6-18
q

と入っている場合

post < a.txt

としてファイルから読ませた場合、自動的に変換させることが出来る。 終了行は小文字のqである

結果クリップボードの内容は
400-0049,甲府市富竹4-3-38
400-0047,甲府市徳行4-6-18

このように変換される。

変換が出来なかった場合は***Not findと表示される

a.png

検索後のデーター処理について

名簿作成などでは表計算ソフトExelやNumbersを使います。この時カンマ区切りになっていればそのまま貼り付けできます

本アプリpostは今までの結果をクリップボードに保存してあります。

だから、そのまま、表計算ソフトにペーストしてあげて下さい。

注意、起動するときにクリップボードはクリアして起動しますので、起動する際は重要なクリップボードは保存しておくことを強くオススメします

Automatorで

ファイルから読み込ませる処理をAutometorでやらせます

変換元のデータをテキストで作ってあげて、post.appをクリックすれば自動的に変換されてクリップボードに蓄積されます。

aaa.png


添付ファイル: filea.png 561件 [詳細] fileaaa.png 606件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-31 (火) 09:13:16