CWに想いをよせて2

これを書いている私は、和文開始後まだ、わずか 8.5ヶ月、なにを「偉そうなことを・・・」と言われそうだが、今のうちに、練習方法などを書かなければ直ぐに忘れてしまうので、備忘録程度に書こうと思う。
後日、変更すれば良い。

この練習法が正しいか否かは、責任を持てない。

私の練習スケジュールから気がついたこと

私の和文練習スケジュールは、和文モールスを参考に。

習得するまでにはかなりの時間が必要だが、楽しく習得するためのヒント

最初の苦労

それは、暗記だろう、固くなった頭に符号をたたき込むのは無理だろう。
そこで、OM諸氏の知恵、音調法を使う、これなら難なく覚えることができる。
ネットでは禁断の方法として掲載されているが、どうしても覚えることが出来ない私達のためにあるような「便利な憶え方」だと思う。

これを覚えたら、見える文字を全て、モールスに替えてみる。退屈しのぎになる。
テレビのテロップ、看板、雑誌、広告など、車の運転中、仕事の最中、病院の待ち時間など、 いくらでも時間はある。要するに「するかしないか」の選択だけである。

すぐに(50%程度)符号が出てくるようになったら、次の段階だ。

次の段階、聞くこと1

  • あまり遅い符号は聞かない→点と線に区別をしない→リズムで
    私の場合は、人の名前 アから始まって、考えられる全ての名前。~
    アサカワ アイカワ イトウなどといった符号を3ケずつ続けて聞くようにした。
    スピードは10WPM位から12WPM位と思う。

次の段階、聞くこと2

  • あまり遅い符号は聞かない→点と線に区別をしない→リズムで
    次に、実際のQSO文章の符号を聞く
    オハヨウゴザイマス コンバンワ コンニチワ アリガトウゴザイマス
    アナタノ ワタシノ カレノ カノジョノ
    シンゴウハ アンテナハ リグハ
    デハ ソロソロ コノヘンデ
    このような定例文を聞く。

次の段階、聞くこと3 7メガワッチ

  • あまり汚い符号は聞かない

もう、ここまで来れば7メガ交信をワッチしても、文章が取れるはずだ、
ナマエハ等と聞こえたらすかさず、集中して名前を聞き取ろう。

この辺が、とても面白くなって来るはず。

次の段階、送信練習とデビュー

H240929現在、今の私のレベル

  • 綺麗な符号を出すことを努力
  • 決して聞き取れる速さ以上の送信は行わない。
  • 聞き取りスピードは、限界以上のものを聞くよう努力する。
    ICレコーダーに、聞き取れないほどの早さの符号を録音して聞き取る努力も必要。
  • 沢山の局と交信してみる
    和文の場合、地域によっての言い回し、敬語にとまどうこともある。
  • 同レベルの局長さんとCWでラグチュを続ける。
  • 聞き取り練習 ショートストーリーなどや、これをもう少し早くしたものをICレコーダから聞く(就寝前〜就寝)。

編集中


長く練習を続ける為には何が必要か?

  • ある程度の覚悟が必要だ、モチベーションの維持が一番。
  • MOTTOCW CWPROといったCWソフトを利用
  • ICレコーダーに録音して、暇なときに聞く。

目標

巧くなるための努力

誰が聞いても巧い!と思えるような符号を送りたいと思う。

話し言葉でも、そうであるように、ゆったりと、聞きやすい速度で、そして上手に間をあけた、そんな符号のことだろうと思う。

続く→点と線をつないで1


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-15 (金) 08:44:14 (2377d)