ハム活動記

ご注意

この説明にはUNIXなどのコンピュータ専門用語など含まれています。中級者以上向きとなっています。

LoGDY(ログディ)とは

CUIベースで動くアマチュア無線用ログソフトです、(MacOSX専用ログソフト)

今まで当局は

  • SmartHamLog:MacとWinで使えるハムログ
  • iLog:ネットを介して移動先でも使えるハムログ

などを自作して使っていました。やはり移動先では小さな携帯よりノートパソコンの方が使いやすい事がわかり、サクサク動く、無駄な処理をしない事を考慮し新しいコンセプトで作りました

CUIベースとは

普段使っているパソコンの画面はとても綺麗で整頓されています、マウスでクリックしたり画面を大きくしたりしながら作業します。

線が引いてあったり、画像があったり・・・でも、その分メモリーを使います、そしてその分処理も遅くなります。

その点CUIは、コンソール(キーボード)からの指示で処理をさせます。だからメモリーも小さくて済みますしスピードも速いです、

しかし、映画マトリックスのような画面なのでちょっと扱いにくいです。情報も沢山表示されますし、過去に表示した項目をスクロールして確認したりします。

どちらが良いか 当然GUIですが、あえてCUIベースで作りました。

起動

CUIですから、ターミナルの画面で操作します。

その前に、.bash_profileなどに起動エイリアスを作っておきます、好きな名前です。

起動オプションも一緒に入れておきます

例えば、perl ~/Users/gdy/LoGDY.pl log144 CALL=JR1GDY JCC=1701 PWR=50 RIG=IC9700 ANT=YagiStack

などとエイリアスを作って、コンソールからlog144と打てば起動するようになります。

操作コマンド

  • 改行のみ入れると、過去履歴10局表示します
  • コールサインとモードを入れると自動的に登録されます
  • F コマンドでは検索
  • I コマンドでは情報
  • qsl コマンドは直接QSLカードを作成しPDFで登録アドレスへ送ります(全て自動)
  • x エクスポートコマンドです。Log内容をADIFにしてファイル出力します
  • d 削除コマンド
  • e 修正コマンド
  • m メモコマンドで、メモファイルをオープンしQSO内容の確認と追加などを行えます
  • 曖昧コール 曖昧文字にヒットした交信済みの局、A1クラブ局をリスト表示します

この中で一番FBなのは、QSL発行でしょう。交信しながら送れます。

交信情報をTeXで組版しPDFにして送りますが、送り先は連絡帳にアドレスがあればそこに送ります。なければJARL.comに登録あるか調べて、メールが有効なら送ります。

JARL.COMのサーバーのMXレコード、Aレコードをチェックしますので少し時間かかります(約30秒ほど)

私の環境

MacOSX パソコンはMacBookAir?です

このアプリはperl V5で開発しました。スピードは問題ありません、サクサク動いてくれています

使いながらデバック  デバッグしながら使っています

1.jpg

上図で、左端の赤字 Mはメモファイルがある、AはA1クラブ員
下方の表示は詳細情報を表示したもの


添付ファイル: file1.jpg 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-30 (火) 16:19:47 (24d)